本文へ

東京歯科大学 千葉病院

ページタイトル

唇顎口蓋裂外来

唇顎口蓋裂外来

この専門外来について

主な対象疾患と治療内容

疾患名:唇裂(唇顎裂)、口蓋裂、唇顎口蓋裂、口唇・口蓋裂

治療内容:新生児期の哺乳指導から成人の咬合管理まで一貫治療を行っております。
 哺乳指導
 Hotz(ホッツ)床
 口唇形成術(口唇鼻形成術)
 口蓋形成術(push back法、Perko法)
 言語訓練(言語治療・ことばの教室)
 歯列矯正
 顎裂部骨移植
 顎矯正手術(LeFortⅠ型骨切り術、下顎枝矢状分割術)
 咽頭弁移植術
 口唇・外鼻二次修正術
 スピーチエイド、PLP(パラタルリフト)
 セカンドオピニオン

口唇裂(術前)
口唇裂(術前)

口唇裂(術後)
口唇裂(術後)

この専門外来の特色

口唇裂・口蓋裂の障害は手術による継発症を含めて美的障害、哺乳障害、食物摂取障害、言語障害、歯列不正、上顎骨劣成長、重度う蝕、呼吸器疾患、耳疾患、精神心理学的障害などきわめて多岐にわたります。 なかでも出生直後に直面する口唇の異常による哺乳障害と目立ちやすい顔面の審美障害が将来にまで続くことの恐れによる精神的打撃は、家族とくに母親にとっては計り知れないものがあります。したがってハンディキャップがなく社会生活を送るためには専門の臨床各科によるチーム医療が必要となります。

本学千葉病院においては口腔外科(言語聴覚士を含む)、歯科麻酔科、矯正歯科、小児歯科、補綴科で治療を担当しており、出生後から成人までの一施設内の集学的治療、一貫治療が可能となっております。また、必要に応じて市川総合病院の小児科、耳鼻咽喉科、臨床遺伝医とも連携をとり治療に当たっておりますので、安心してわれわれに治療をお任せ下さい。

施設認定

自立支援医療認定施設

自立支援医療認定医

柴原孝彦 教授
末石研二 教授

専門医、指導医、認定医(H28.6.1現在)

氏名 専門医・指導医・認定医 学会名
末石 研二 指導医・認定医 公益社団法人日本矯正歯科学会
指導医・認定医 一般社団法人日本顎関節学会
髙木 多加志 専門医・指導医 公益社団法人日本口腔外科学会
暫定教育医 一般社団法人日本がん治療認定医機構
茂木 悦子 専門医・指導医・認定医 公益社団法人日本矯正歯科学会
野嶋 邦彦 専門医・指導医・認定医 公益社団法人日本矯正歯科学会
坂本 輝雄 専門医・指導医・認定医 公益社団法人日本矯正歯科学会
今井 裕樹 専門医 一般社団法人日本小児歯科学会
認定医 一般社団法人日本障害者歯科学会
成田 真人 専門医 公益社団法人日本口腔外科学会
立木 千恵 認定医 公益社団法人日本矯正歯科学会
中野 洋子 専門医 公益社団法人日本口腔外科学会
渡邊 章 専門医 公益社団法人日本口腔外科学会