本文へ

東京歯科大学 千葉病院

ページタイトル

美的障害(審美)

美的障害(審美)

口唇裂に対して最初に行う形成手術は一般的に生後4~5カ月で行われ、唇や鼻の変形を改善する目的で行います。
しかしこの手術で変形が十分に改善できなかった場合や、初回の手術で十分改善できても術後成長に伴って唇や鼻に様々な変形が生じる場合があります。

どのような変形(美的障害)があるのでしょうか?

唇では

唇では01

(1)瘢痕が強く傷跡が目立つ

唇では02

(2)唇の形(赤唇)が左右対称ではない
(3)赤唇の外形のラインにズレがある

鼻では片側裂の場合には次のような変形のため、左右非対称になることが多く見られます。

鼻では

(1)破裂側の鼻孔の形が扁平である
(2)鼻柱がまっすぐでない
(3)鼻尖が非破裂側にずれている

両側裂では片側裂に比べると左右対称な唇や鼻を形成しやすいという特徴がありますが、次のような変形が見られます。

両側裂では

(1)鼻柱が短い
(2)鼻尖が扁平である
(3)両側の鼻孔が扁平である