本文へ

東京歯科大学 千葉病院

ページタイトル

二次手術

二次手術

口唇形成術イメージ01

口唇形成術イメージ02

一般的には口唇形成術は唇や鼻の変形を改善する目的で生後4~5カ月で行います。しかし、変形が十分に改善できない場合、術後成長に伴って唇や鼻に様々な変形が生じる場合には、二次手術の鼻口唇修正術を行います。

強い美的改善の要望があれば手術はいつでも可能です。手術時期は、変形の状態、成長期によって異なります。

口蓋裂の二次手術である鼻咽腔閉鎖不全を改善する咽頭弁移植術や鼻口腔瘻閉鎖術も適宜行っております。

  • すべての患者さんがこの手術を必要とするわけではありません。
  • 他院で手術を受けた方でも当院で手術可能です。(他の手術も同様です。)