本文へ

東京歯科大学東京歯科大学短期大学

【全:大学日】ヘッドボタン

  • お問い合わせ
  • ENGLISH

ページタイトル

生理学講座

生理学講座

生理学講座

  生理学講座は昭和22年5月慶応義塾大学加藤元一教授を主任として始まり、昭和23年10月助教授であった山田守助教授が初代教授に就任し、本格的に生理学講座として教育・研究が始まった。その後昭和29年11月からは主任教授が伊藤秀三郎教授、坂田三弥教授、笹岡京子教授、鈴木隆教授となり現在に至っている。現在の講座の布陣は教授;田﨑雅和、准教授;渋川義幸、助教;佐藤正樹、助教;木村麻記、大学院;小島佑貴、大学院;東川明日香、大学院;大房航の7名で教育・研究にあたっている。講座創設以来、首尾一貫して行われてきた研究課題は「口腔感覚」である。また、東京歯科大学千葉病院味覚異常外来で味覚障害患者の診察にも関与している。

 

 

研究

 

 メルケル細胞や象牙芽細胞を対象に細胞内カルシウム濃度測光やパッチクランプ法を用いてそれぞれの細胞特性を明らかにしている。その一つを記すと、ラットから急性単離した象牙芽細胞にアルカリ刺激(pH8.0~10.5)を行うと象牙芽細胞の細胞内カルシウム濃度が増加した。そのカルシウム濃度の上昇はTRPA1チャネルを介して細胞外から流入するものと細胞内カルシウムストアーから放出されるものとがあることを明らかにした。さらに象牙芽細胞をアルカリ性培養液(pH8.79)のもとで培養することにより石灰化が促進することも明らかになった。このことは水酸化カルシウム製剤によって第三象牙質や象牙橋形成が促進されることの証拠を示すものと考えている(Journal of Dental Research, 95, 1057-1064, 2016)。

 

 

教育

 講義は生理学と口腔生理学とに分かれている。生理学は2年生前期から後期にかけて45コマの講義が行われている。口腔生理学は2年生後期と3年生前期にかけて30コマの講義がなされている。また生理学実習は3年生前期に30コマの実習が行われている。生理学は生命現象を物理学的手法を用いて論理づける学問のため、講義だけでは概念的な知識となってしまうが、実習を行うことによって、より具体的な知識として生命現象を説明できるようになってくる。その他、2年生前期の細胞分子生物学の講義枠で行われる実習に参加している。また4年生の後期から5年生前期に行われている課題講義の感覚、顎機能、唾液に関する講義も担当している。臨床実習中の5年生と臨床実習後の6年生に対しては通年で随時行われる臨床講義あるいは総合講義においても講義を担当している。ここでの講義は臨床や他の関連知識と結び付けた講義を行っている。

 

 


スタッフ


教授 田﨑 雅和
准教授
澁川 義幸
 助教 佐藤 正樹
木村 麻記
大学院 小島 佑貴
東川 明日香
大房 航