本文へ

東京歯科大学東京歯科大学短期大学

【全:大学日】ヘッドボタン

  • お問い合わせ
  • ENGLISH

ページタイトル

法歯学・法人類学講座

法歯学・法人類学講座

法歯学・法人類学講座

講座・研究室紹介イメージ

法歯学講座は、昭和39年(1964)歯科大学における我が国最初の法医学研究機関(歯科法医学研究室)として開設されました。事件、事故、災害発生時には、死因究明を目的とした遺体の検視・検案が行われますが、その際に個人識別を行う必要が有ります。個人識別とは事件や事故の加害者及び被害者が誰であるのかを特定する事ですが、個人識別に際しては顎顔面領域から得られる情報が非常に有用です。つまり、歯科領域がその中心となるために、法歯学の仕事は主として個人識別を行う事を目的としています。
法歯学は生体、死体、物体、現場、書類などを対象とし、歯科治療痕跡、骨や歯の一部、顔の映っている写真、防犯ビデオ映像、DNA等から個人の識別を行います。これらの情報から鑑定を行う法歯学は、極めて社会と深い関わりを持った学問です。

研究

研究内容イメージ

研究内容イメージ

法歯学・法人類学講座における研究・活動は、ヒトを対象としてできる限り広範な個人識別情報を得るための研究をしています。その為、形態学的な検査法、生化学的な検査法、遺伝学的な検査法の研究および実践がなされています。
現在は防犯ビデオカメラからの個人識別、画像を用いた異同識別を中心に、歯科治療痕からの個人識別、行政より依頼されてのDNA鑑定を用いた戦没者遺骨返還事業などを日々行っています。

教育

教育内容イメージ

法歯学分野では、第3学年を対象として、下顎骨を含む頭蓋骨における人種性別年齢の鑑別の方法や、創傷、死後変化、大規模災害時に歯科医師の大事な業務の一つとなる死後記録の作成について講義し、また法律により保証された歯科医師の権利及び義務について話すと共に、医療事故・医事紛争の実際を取扱って学生に医療従事者としての自覚を促す教育を行っています。
法人類学分野では、第1学年を対象として、全身の骨を対象とした形態学的な知識や、日本人の持つ死や遺体に対する独自の精神的な文化について等、医療従事者となるのに欠かせない専門的知識の習得を支援しています。
私達は様々な場面で歯科医学の知識を社会に還元できる教養豊かな歯科医師の育成を目標とした教育を行っています。