本文へ

東京歯科大学東京歯科大学短期大学

【全:大学日】ヘッドボタン

  • お問い合わせ
  • ENGLISH

ページタイトル

口腔健康科学講座 摂食嚥下リハビリテーション研究室

口腔健康科学講座 摂食嚥下リハビリテーション研究室

口腔健康科学講座 摂食嚥下リハビリテーション研究室

講座・研究イメージ

摂食嚥下障害は、口腔、咽頭、食道の機能不全により、飲んだり食べたりすることがうまくできなくなる障害です。原因となる疾患は様々で、乳幼児から高齢者まで幅広い年齢層が対象となります。摂食嚥下リハビリテーションは歯科医療の一分野と踏まえ、本研究室では教育、研修、研究、臨床を行っています。

 

教育

教育内容イメージ

第4学年の口腔健康科学において、摂食嚥下リハビリテーションを幅広く講義します。第5学年の臨床実習では、摂食嚥下機能評価、摂食嚥下リハビリテーションの相互実習に加え、嚥下内視鏡検査(VE)を人形や学生相互で体験します。訪問診療による摂食嚥下リハビリテーションの臨床見学も行います。当該分野は歯科医師国家試験での出題頻度も高まっており、第6学年の総合講義において対策講義を行います。
卒後臨床研修では、訪問診療や摂食嚥下リハビリテーションの実技修得を希望する研修医に、臨床研修の機会を提供しています。更に研鑽を積みたい歯科医師には、臨床専門専修科にて、専門研修も行っています。

 

研究

研究内容イメージ

主なものは、①摂食嚥下機能評価ならびにリハビリテーション手技の新規開発、②摂食嚥下リハビリテーション介入の効果検証、③乳幼児の摂食嚥下機能発達となります。①について、現在は超音波装置による機能評価、MASA(The Mann Assessment of Swallowing ability)の応用、関節可動域制限と摂食嚥下障害との関連、気圧計による嚥下同定、咬合支持の摂食嚥下機能への影響、神経筋疾患による摂食嚥下障害の対応について研究を行っています。

 

 

臨床

臨床イメージ

「口から食べられない」、「むせる」、「胃瘻を造設したが、少しでも食べたい」といった摂食嚥下障害の主訴に対し、外来あるいは訪問により診療を行います。初回は通常、摂食嚥下機能の評価を行い、リハビリ計画を立てます。2回目以降、リハビリを実施してゆきますが、あくまでもその人なりに食べる機会を提供できることが最終目標となります。根気のいる診療で、患者の生涯を通じてお付き合いすることも少なくありません。患者に関わる医療、介護従事者との情報交換が大切で、チームアプローチが欠かせません。なお口腔がん患者のリハビリや、手術後の嚥下障害改善のための義歯製作などの歯科的対応も行っています。

 

 

スタッフ

教授 石田 瞭
講師 杉山 哲也
講師 大久保 真衣
診療助教 山本 昌直
レジデント 大平 真理子
大学院生 井口 達也
大学院生 小川 真
大学院生 平木 圭祐