本文へ

東京歯科大学東京歯科大学短期大学

【全:大学日】ヘッドボタン

  • お問い合わせ
  • ENGLISH

ページタイトル

外科学講座

外科学講座

外科学講座

講座・研究イメージ

モーニング・カンファレンス
(英語論文抄読会)

東京歯科大学の外科学講座の歴史は古く1949年(昭和24年)に始まり、教授は、1967年から加藤繁次(現名誉教授)、1992年から吉野肇一(現国際医療福祉大学教授)、2000年から安藤暢敏(現国際親善病院長)、そして、2008年からは松井淳一が引き継ぎ教室を牽引しております。これまで築き上げられて来た歴史と伝統を生かしつつ、教室員全員で新しい活力と革新を加えて、診療、研究の発展、教育の充実に取り組んでいます。
市川総合病院外科では、消化器がんを主たる治療対象とした消化器外科をメインに、血管外科、乳腺外科、肺外科などの充実した専門分野のスタッフがチームワークを生かして幅広い外科医療を提供しています。

 

教育

教育内容イメージ

症例カンファレンス

教育内容イメージ

病棟での総合回診
(ベッドサイド・ティーチング)

歯科、口腔外科の診療領域に連なる消化器の疾患、診断、そして手術を中心とした治療について、4年時の講義で具体的な症例を示しながら分かり易く解説している。そして、5年時の市川総合病院での外科実習で手術の実際を見学しながら理解を深めてもらっている。
歯科大学院生には、外科ローテーション3ヶ月間の間に各種の消化器外科、血管外科、乳腺外科、肺外科の異なった領域の疾患の患者を実際に診療してもらい、手術や内視鏡治療に参加してもらえるようにしている。
術前・術後カンファレンス、キャンサーボード(消化器、乳腺、肺)、モータリティ・カンファレンス、CPC、内視鏡カンファレンス、総合回診(ベッドサイド・ティーチング)、モーニング・カンファレンス(英語論文抄読会)などへ参加してもらい、医学的知識のブラッシュアップ、ならびに医学的患者志向ラーニングを深めてもらっている。

 

研究

研究内容イメージ

膵・胆道癌に対する幽門輪温存
膵頭十二指腸切除・今永法再建術

研究内容イメージ

肝臓がんに対する手術

手術の安全性と術後内臓機能の温存と確保の追求(膵・胆道癌に対する各種外科手術の術後における膵、胆道の機能の検討、など)
積極的な拡大切除の根治性と意義(膵・胆道癌に対する外科的手術を中心とした集学的治療、など)
患者様に苦痛の少ない腹腔鏡手術、血管内治療、内視鏡治療(腹部大動脈瘤ステントグラフト治療における患者背景と予後因子の検討、超高齢者に対する大腸癌手術症例の臨床的検討、など)
新たな抗癌剤・分子標的薬などを組み合わせた新たな治療体系の構築(食道扁平上皮癌におけるCXCL-8/CXCR-2 networkの臨床的意義、トリプルネガティブ乳癌の臨床病理学的背景と予後に関する研究、など)

 

臨床

臨床イメージ

内視鏡手術(直腸癌に対する)

臨床イメージ

外来化学療法室

東京歯科大学市川総合病院では、外科医だけではなく他診療科医師、ナースなど多くの職種を含めた専門チームによる医療の体制が活発であり、ますます多様化する患者様のご希望や社会からの医学へのニーズに応えられる、より合理的で良質な医療を患者の皆様に提供している。

 

スタッフ

スタッフ

教授 松井 淳一(膵・肝・胆道)
准教授 和田 徳昭(乳腺)
准教授 江口 圭介(肺)
講師 瀧川 穣(膵・肝・胆道)
助教 浅原 史卓(下部消化管)
助教 小倉 正治(上部消化管)
助教 小野 滋司(血管)
助教 門多 由恵(膵・肝・胆道)
助教 下河原 達也(血管)
助教 別宮 絵美真(外科一般)
後期研修医 須田 秀太郎
後期研修医 松井 一晃
後期研修医 笹嶋 寬史