本文へ

東京歯科大学東京歯科大学短期大学

【全:大学日】ヘッドボタン

  • 歯学部オープンキャンパス日程
  • 歯学部学生ポータルサイト
  • お問い合わせ

ページタイトル

活動状況・業績:2020年度

【タブモジュール】活動状況・業績

2020年度 活動報告書(準備中)


若手サイエンスアカデミー : 基礎臨床融合カンファレンス

1.研究発表
【目的】本学で行われている研究内容の相互理解を深め、研究の発展および共同研究の提案に繋げることにより、研究活動をさらに活性化することを目指します。
発表日 氏名 講座 発表課題名
準備中  
2.論文紹介
【目的】様々な研究分野の論文紹介を通して世の中の研究の流れ、手法および論文のまとめ方を学ぶことを目的とします。専門もしくはそれ以外の研究領域の知識を広げて現状を把握することにより、論文および研究費申請書作成の向上に繋げます。
発表日 紹介論文
2020年4月1日 Mx1+aSMA+骨膜幹細胞の固定
原題:Identification of Functionally Distinct Mx1+αSMA+ Periosteal Skeletal Stem Cells
雑誌:Cell Stem Cell 25(6):784, 2019
2020年6月10日 管腔臓器の長さと太さが決まる仕組みの解明
原題:Synchronized mesenchymal cell polarization and differentiation shape the formation of the murine trachea and esophagus
雑誌:Nat Commun 9(1):2816, 2018
2020年6月24日 歯周病の骨欠損における炎症性サイトカインIL-36 γの関与
原題: IL-36γ is a pivotal inflammatory player in periodontitis-associated bone loss
​雑誌: Scientific Reports 9: 19257, 2019 
2020年7月8日 内皮細胞由来のクロストークは歯髄幹細胞の自己複製を調節する
原題:Endothelial-Initiated Crosstalk Regulates Dental Pulp Stem Cell Self-Renewal
雑誌:J Dent Res doi:10.1177/0022034520925417, 2020
2020年度 顎骨疾患プロジェクト共催セミナー
日時/演題/講師
1 準備中
演題:
講師:
若手サイエンスアカデミー : 基礎臨床融合カンファレンス 発表日 2017/4/4
氏名 海老澤明宏
講座 歯科矯正学
発表課題名 歯科矯正用アンカースクリューを用いた上顎前方牽引における生物力学的検討 3次元有限要素解析
発表日 2017/4/25
氏名 渋川義幸
講座 生理学
発表課題名 最近の研究成果について
発表日 2017/5/9
氏名 中村 貴
講座 生化学講座
発表課題名 アミノ酸代謝酵素によるカルシウム恒常性維持機構の解析
発表日 2017/6/27
氏名 三友啓介
講座 歯内療法学
発表課題名 鎖骨頭蓋異形成症における蝶形骨形成障害の病態の解明
発表日 2017/7/4
氏名 石井武展
講座 歯科矯正学
発表課題名

フルバスタチン局所応用による骨増生に伴う上顎歯列側方拡大

限界量の増加

発表日 2017/7/25
氏名 田中亜生
講座 小児歯科学
発表課題名 象牙質細胞の感覚受容機能の獲得に関する発生学的研究
発表日 2017/8/22
氏名 小田嶋彩乃
講座

口腔科学研究

センター

発表課題名

mouse iPS細胞から神経提細胞誘導と網羅的解析

発表日 2017/10/3
氏名 鈴木瑛一
講座 歯周病学
発表課題名 iPS細胞から骨細胞への分化過程を制御する遺伝子群の機能的解析
発表日 2017/10/24
氏名 斎藤暁子
講座 生化学
発表課題名

鎖骨糖御遺骨異形成症由来iPS細胞を用いたRUNX2機能不全と

核膜形態異常の関連の検討

発表日 2017/11/7
氏名 渡邉素子
講座 歯科放射線学
発表課題名 男女における甘味認知機能の差異~fMRIを用いて~
発表日 2017/12/5
氏名 岡村将宏
講座 オーラルメディシン・口腔外科学
発表課題名

薬剤関連顎骨壊死における副甲状腺ホルモンであるテリパラチド

の適時・適量投与による新規治療法の開発

発表日 2018/1/23
氏名 勝見吉晴
講座 口腔病態外科学
発表課題名 口腔外科領域における3Dプリンターの臨床応用
発表日 2018/2/6
氏名 岡村将宏
講座 オーラルメディシン・口腔外科学
発表課題名 薬剤関連顎骨壊死における副甲状腺ホルモンであるテリパラチドの適時・適量投与による新規治療法の開発
発表日 2018/2/27
氏名 佐藤仁美
講座 歯科放射線学
発表課題名 加齢変化に伴う塩味認知機能の変化(仮)
発表日 2018/3/6
氏名 吉川幸輝
講座 歯周病学
発表課題名 Identification of a specific domain of Porphyromonas gingivalis Hgp44 responsible for adhesion to Treponema denticola
発表日 2018/3/27
氏名 吉田 航
講座 歯周病学
発表課題名 副甲状腺ホルモン製剤の全身投与および自己組織化ペプチドの局所応用がラットの歯周組織欠損の治癒に及ぼす影響
平成29年度 顎骨疾患プロジェクト共済セミナー
日時/演題/講師
1

第415回大学院セミナー (平成29年4月20日)
演題:Saving Teeth: Advances in Periodontal and Bone Regeneration
講師:University of Maryland School of Dentistry Division of Periodontics
Professor Mark A. Reynolds

日時/演題/講師
2 第417回大学院セミナー(平成29年5月10日)
演題:シェーグレン症候群疾患モデルを用いた病態機序の解明と新規治療戦略
講師:徳島大学大学院医歯薬学研究部 口腔分子病態学分野 教授
石丸 直澄 先生
日時/演題/講師
3 第419回大学院セミナー(平成29年6月20日)
演題:骨代謝を司る骨髄間葉系幹細胞の同定と機能解析
講師:松本歯科大学総合歯科医学研究所 講師
溝口 利英 先生
日時/演題/講師
4 科研費講演会(平成29年7月13日)
演題:科研費の申請のポイントと戦略-私の応募経験を振り返って-
講師:大阪大学大学院歯学研究科 生化学教室 教授
(大阪大学副理事、歯学部副学部長、日本学術振興会・学術システム研究センター専門研究員)
西村 理行 先生
日時/演題/講師
5 第1回顎骨疾患プロジェクトセミナー(平成29年9月27日)
演題:Wntシグナルによる骨吸収制御機構
講師:松本歯科大学総合歯科医学研究所硬組織機能解析学教授
小林 泰浩 先生
日時/演題/講師
6 第421回大学院セミナー(平成29年11月21日)
演題:The Wnt agonist R-spondin 3: an unexpected negative regulator of bone formation
講師:Dept.of Oral Medicine, Infection and Immunity Harvard School of Dental Medicine
永野 健一 先生
日時/演題/講師
7 第422回大学院セミナー(平成29年11月30日)
演題:分子細胞学的歯周組織再生を考える
講師:広島大学大学院医歯薬保健学研究科 応用生命科学部門 歯周病態学研究室  教授
栗原 英見 先生
日時/演題/講師
8 第169回歯科医学教育セミナー(平成30年1月29日)
演題:本学における私立大学研究ブランディング事業(文部科学省)の概略と取り組み
講師:東京歯科大学口腔科学研究センター 客員教授 山口 朗
東京歯科大学生化学講座 教授 東 俊文
東京歯科大学微生物学講座 教授 石原 和幸
東京歯科大学歯科放射線学講座 教授 後藤 多津子
東京歯科大学解剖学講座 教授 阿部 伸一
2020年度 研究ブランディング事業大学院研究助成
助成受賞者 一覧
氏名(年次) 講座名 研究課題
中根 咲(3) 歯周病学 歯周炎による歯槽骨吸収における細胞障害性Tリンパ球抗原-4(CTLA-4)の役割の解明
内藤 哲(4) 解剖学 Myostatinは筋-腱接合部において筋幹細胞を腱細胞へ分化させるか? 
重松 正樹(2) 口腔インプラント学 チタン製インプラント生着における抑制性免疫制御機構の関与の解明
岡 弘貢(2) 口腔インプラント学 歯根膜に局在するレプチン受容体陽性細胞の性状解析
松上 大亮(4) 歯周病学 機能性モチーフ修飾自己組織化ペプチドハイドロゲル応用が歯周組織治癒に及ぼす影響
中村 ゆりこ(3) 口腔腫瘍外科学 リキッドバイオプシーで応用可能なGorlin症候群診断遺伝子パネルの開発
中里 晴香(3) 歯内療法学 象牙質形成制御のメカニズムを解析する
2020年度 研究ブランディング事業研究助成
氏名 所属 職種 研究課題
木村 麻記 生理学 講師 硬組織形成細胞におけるcAMP誘発性Ca2+シグナル経路の解明
今村 健太郎 歯周病学  講師  ヒト胎盤由来羊膜・絨毛膜(PAC)膜の応用による歯周組織再生の基礎的研究
喜田 大智 歯周病学 助教 Capnocytophaga ochraceaのIX型分泌機構により分泌されるEPS内タンパク質がバイオフィルム形成に与える影響の解明
吉田 航 歯周病学 レジデント Non-contained型歯周組織欠損に対する中性自己組織化ペプチドとPTHを併用した歯周組織再生の試み
2020年度東京歯科大学研究ブランディング事業 Travel Award
()
氏名 所属 職種 研究課題
準備中
2020年度東京歯科大学研究ブランディング事業 Travel Award
()
氏名 所属 職種 研究課題
準備中
    準備中