• 小
  • 中
  • 大
  • 標準
  • 青
  • 黄
  • 黒
当院について
  • HOME >> 
  • 当院について >> 
  • 病院長からのご挨拶
  • 診察のご案内
  • 診療科・部門のご案内
  • 入院・面会のご案内
  • 救急診療のご案内

病院長からのご挨拶

西田 次郎 病院長
西田 次郎 病院長

東京歯科大学市川総合病院では「愛と科学で済生を」を行動指針として、患者さまに対し、安全で質の高い医療を受けていただくための努力を行ってまいりました。当院は、終戦直後の昭和21年に14 床の歯科病院として産声を上げて以来、医育機関に求められる診療・教育・研究活動を3 本柱として社会に貢献してまいりました。現在当院は、日本医療機能評価機構の認定はもとより、地域医療支援病院、地域がん診療連携拠点病院、災害拠点病院、臨床研修病院などの指定を受け、地域社会から求められる総合病院としての使命を果たすべく日々努力しております。

わが国では著しい高齢化によりそれぞれの地域における医療需要は急速に変化することが見込まれており、超高齢社会に対応するため病院完結型から地域完結型の医療を実現することが求められております。当院は地域医療支援病院として病病連携、病診連携を推進し、病院や医科・歯科診療所の先生方と顔の見える連携を取ることで、地域の患者さまに継続性のある適切な医療を提供できるよう貢献していきたいと考えております。

また、総合病院においては、周術期口腔ケア、摂食・嚥下リハビリテーションなど口腔・歯科領域の治療は全身の健康管理を行う上でますます重要となってきております。歯科大学を設立母体とする総合病院の強みを活用し、医科と歯科の医療連携をさらに充実させて、診療機能をより高度で特色のあるものにしていきたいと考えております。
更に、地域がん診療連携拠点病院としては、地域のがん診療に貢献するとともに、治療成績の向上を図っていきたいと考えております。

高度先進医療を皆様に提供するとともに、市川市の地域中核医療機関として、医療を通じて皆様の健康と福祉に貢献することを最大の慶びとして、日々努力を重ねてまいりますので、今後とも引き続きご協力、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。