• 小
  • 中
  • 大
  • 標準
  • 青
  • 黄
  • 黒
研究について
  • HOME >> 
  • 研究について >> 
  • がん診療均てん化のための臨床情報データベース構築と活用に関する研究
  • 診察のご案内
  • 診療科・部門のご案内
  • 入院・面会のご案内
  • 救急診療のご案内

がん診療均てん化のための臨床情報データベース構築と活用に関する研究

研究目的について

本研究は、院内がん登録と診療報酬データ(DPC:Diagnosis Procedure Combination)からがん医療の実態を把握し、日本全国で標準的診療が普及することをめざしておこなわれているものです。
当院の「診療の質」の把握や医療技術の向上のため、研究機関である国立がん研究センターと  協力をしております。また、希少がんの対策や国のがん政策への基礎資料などの活用になるデータベース構築を目的としているものでもあります。

研究方法・研究機関への提供方法について

診療ガイドラインで推奨されている一定の範囲の標準診療と患者さまが受けている診療の実態を比較するために院内がん登録と診療報酬データ(DPC)を使用します。
院内がん登録と診療報酬データ(DPC)から年齢・性別・病名・手術・処置・薬剤等の種類・受診状況(外来・入院)などを用いて、匿名化されたデータベースを作成します。
作成されたデータベースには患者さま個人を特定するものはなく、暗号化通信により国立がん研究センターへ提出されます。その際、アクセス制限がある専用システムにて、担当者が管理された  状態で提出をおこなうためプライバシーは厳重に守られています。

(研究機関)

  • 国立がん研究センターがん臨床情報部 QI研究事務局
  • 全国院内がん登録実施施設から協力参加施設

情報が当該研究に用いられることについて、患者さまもしくは代理人の方にご了承いただけない場合には、下記の連絡先までお申し出ください。この場合、患者さまに不利益が生じることはありません。
なお、研究成果の学会発表や論文投稿後は、ご同意の撤回は出来ませんのでご了承ください。
研究実施の趣旨をご理解いただき、研究へのご協力を賜りますようお願い申し上げます。

問い合わせ先

試料・情報の管理について

東京歯科大学市川総合病院 医療情報システム管理課 診療情報係
TEL:047-322-0151㈹ 内線4540