本文へ

東京歯科大学 千葉歯科医療センター

ページタイトル

センター長のご挨拶

病院長のご挨拶

センター長 一戸 達也

病院長 一戸 達也

 東京歯科大学は、2020年に創立130周年を迎えました。そしてこの度、131年目の新たな第一歩を踏み出すため、1981年の開設以来40年の間、地域医療に貢献してきた千葉病院・千葉歯科医療センターを閉じ、2021年3月9日から新しい千葉歯科医療センターでの診療を開始いたしました。                          
 40台の歯科用ユニットに加えて、全身麻酔も可能な手術室、医科用CT装置や摂食嚥下リハビリテーションのためのエックス線検査室など、歯科大学附属医療機関ならではの設備を配置し、地域医療に貢献して参ります。
 千葉歯科医療センターは、東京歯科大学の誇る都市型病院である水道橋病院やすべての医科診療科を持つ市川総合病院と十分な連携と機能分担を図りながら、地域密着型の医療機関として、最先端の歯科医療・医療を安全で快適に提供すべく、充分な医療安全の体制を取りながら診療を行って参ります。患者様のため、地域医療のため、そしてわが国の歯科医学・歯科医療の発展のために、職員一同が一丸となって努力して参ります。
 今後とも変わらぬご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。