本文へ

東京歯科大学 千葉歯科医療センター

ページタイトル

センター長のご挨拶

病院長のご挨拶

センター長 一戸 達也

病院長 一戸 達也

1981年に千葉市美浜区真砂に開院して以来、東京歯科大学千葉歯科医療センターの前身である東京歯科大学千葉病院は地域医療への貢献を第一の目標として37年間の実績を積んで参りました。私は1981年に東京歯科大学を卒業したので、千葉病院の歴史は私の歯科医師としての歴史でもあります。2013年には大学機能が水道橋に移転したため、診療に携わるスタッフの数は減少しましたが、その少ない人数で多い時には1日800~900名の患者様の診療に当たらせていただいています。このたび、2018年4月1日付で、東京歯科大学千葉病院は15床の有床歯科診療所である東京歯科大学千葉歯科医療センターへと生まれ変わりましたが、これまでどおり、地域密着型の医療機関として、最先端の歯科医療・医療を安全で快適に提供すべく、充分な医療安全の体制を取りながら診療を行って参ります。一般的な歯科医療・医療に加えて、プロフェッショナルな集団としての専門外来も多数設置し、多様化する患者様のニーズに合わせたきめ細かい医療提供体制を整えております。東京歯科大学千葉歯科医療センターは常に地域の患者様に寄り添い、受診してよかったと思っていただける医療機関でありたいと考えており、今後もそのための最大限の努力をして参る所存です。どうぞよろしくお願いいたします。