本文へ

東京歯科大学 千葉歯科医療センター

ページタイトル

急性期神経機能修復外来

急性期神経機能修復外来

この専門外来について

主な対象疾患と治療内容

歯科において問題となる神経障害には、下顎の骨の中にある神経の麻痺と下顎の骨の裏側にある神経の麻痺があります。
下顎の症状としては損傷を受けた側の下の唇から口の角にかけての感覚の低下、ピリピリ感などの感覚の異常です。
舌の症状としては損傷を受けた側の舌半分の感覚の低下、感覚異常、味覚の低下があります。その他にも上の唇や顔面の感覚異常を来すものや顔の変形をきたすものなどがあります。
神経障害が発現した場合は、早期に正確な診断をおこない、直ちに治療を行うことが良好な感覚の回復の鍵となります。
治療内容は神経障害の程度により投薬のみから神経修復手術までさまざまな治療法があります。

この専門外来の特色

上記の神経の障害、その他の神経障害の原因をレントゲン撮影、CT撮影などの画像検査を行い精査します。
自覚症状、知覚検査、電気生理学的検査などを用い現在の神経損傷の程度を正確に診断します。
以上の検査結果より適切な治療方針を提示いたします。
(下歯槽神経損傷例)

CT画像

CT画像

神経修復術

神経修復術

専門医、指導医、認定医(2019.4.1現在)

氏名 専門医・指導医・認定医 学会名
柴原 孝彦 専門医・指導医 公益社団法人日本口腔外科学会
認定医 公益社団法人日本顎顔面インプラント学会
認定医 一般社団法人日本老年歯科医学会
佐々木 研一 専門医・指導医 公益社団法人日本口腔外科学会
専門医・指導医 公益社団法人日本顎顔面インプラント学会
有泉 高晴  認定医  公益社団法人日本口腔外科学会