本文へ

東京歯科大学 千葉病院

ページタイトル

矯正歯科

矯正歯科

この診療科について

主な対象疾患と治療内容

矯正歯科では、歯並び治療と成長期のお子様の正しい顎の育成を図ります。顎のズレ、顎関節症、先天的な問題にも対応致します。治療は小学生までの早期治療と永久歯の本格矯正治療に分かれます。

この診療科の特色

 

矯正歯科では、日本矯正歯科学会の指導医、専門医、認定医と研修医がチームを組んで治療にあたり、全ての患者様に質の高い治療を提供します。 子供の治療に力を入れており、早期に治療を開始することにより健全な顎の成長を促し、非抜歯治療を目指しております。

いつから始めたらいいの?

治療を始める時期は、患者さんのお口の中の状態、年齢により様々です。気になることがありましたら、できるだけ早く矯正歯科での診察を受けてください。 初診で治療の必要性や、治療開始時期のタイミング、歯を動かした後のメインテナンスなどについて詳しくお話します。

不正咬合とは?

上下の歯が適切に噛み合ってない状態をいい、出っ歯や八重歯、デコボコ、受け口などがあります。上顎と下顎の位置がズレている骨格性のもの、歯と顎のバランスが悪いことによって起こる歯性のものなど様々な種類があります。

こんなことありませんか?〜不正咬合の原因〜

  • よく口を開けている / 口で呼吸している
  • 指しゃぶり / くちびるを噛む癖がある
  • 舌を無意識に噛む癖 / 前に出す癖がある
  • 頬杖をよくついている
  • 歯を失ってしまった部分をそのままにしている
  • 生えてきた永久歯が大きい / 永久歯が生えてこない / 永久歯が傾いて生えてきた

不正咬合の原因は様々ですが、これらは全て不正咬合の原因となります。

不正咬合を放っておくとどうなってしまうの?

  • 成長期に悪い歯並びや指しゃぶりなどのお口の癖を放置しておくことで、顎の成長に影響を及ぼすことがあります。
  • 食べ物がしっかり噛めない場合があります。
  • 歯ブラシが届きにくくムシ歯や歯周病になるリスクが高くなります。
  • 発音が不明瞭になる場合があります。
  • 悪い歯並びのため外見にコンプレックスを持ち、心理的に悪い影響を及ぼす場合があります。

治療例

上顎前突(出っ歯)
  

上顎前突(出っ歯)イメージ01

上顎前突(出っ歯)イメージ02

上顎前突(出っ歯)治療前イメージ

治療前

上顎前突(出っ歯)治療後イメージ

治療後

  
下顎前突(受け口)
  

下顎前突(受け口)イメージ01

下顎前突(受け口)イメージ02

下顎前突(受け口)治療前イメージ

治療前

下顎前突(受け口)治療後イメージ

治療後

叢生(デコボコ)

下顎前突(受け口)イメージ01

治療前

下顎前突(受け口)イメージ02

治療後

施設認定

日本矯正歯科学会基本研修機関
日本矯正歯科学会臨床研修機関
日本顎関節学会顎関節症専門医研修施設

専門医、指導医、認定医(H28.6.1現在)

氏名 専門医・指導医・認定医 学会名
末石 研二 管理指導医・指導医・認定医 公益社団法人日本矯正歯科学会
指導医・認定医 一般社団法人日本顎関節学会
野嶋 邦彦 専門医・指導医・認定医 公益社団法人日本矯正歯科学会
坂本 輝雄 専門医・指導医・認定医 公益社団法人日本矯正歯科学会
立木 千恵 認定医 公益社団法人日本矯正歯科学会