本文へ

東京歯科大学 千葉歯科医療センター

ページタイトル

歯科麻酔科

歯科麻酔科

この診療科について

歯科麻酔科

歯科麻酔科は、リラックス治療外来、障害者歯科外来、慢性の痛み・しびれ外来を担当しています。

リラックス治療外来

リラックス外来では、歯科治療を行うことによって気分が悪くなったり、持病が悪化したりする可能性のある患者さんが、安全に快適に歯科治療を受けられるように全身管理を行いながら治療を行っています。全身管理の方法には、モニタリング、精神鎮静法、日帰り全身麻酔法などがあります。

対象となるのはこのような方です。

  • 歯科に対して強い恐怖心のある患者様
  • 嘔吐反射が強い患者様
  • 過去、歯科治療中に気分が不快になったことがある患者様
  • 高血圧、狭心症など循環器疾患をお持ちの患者様
  • 中途障害(脳血管障害、認知症など)の患者様
  • 長時間で負担が大きい口腔外科手術をうける患者様

リラックス治療外来はこちら

障害者歯科外来

障害者歯科外来では、先天異常や周産期の異常によってもたらされた、知的障害や肢体不自由を伴う患者様を対象に、患者様に合わせた管理を行いながら歯科治療を行っています。 障害者歯科外来は小児歯科スタッフと連携をとりながら行っていますが、歯科麻酔科では特に「歯科治療に協力が得られない」などの理由で麻酔管理が必要となる患者様を対象としています (障害者歯科外来Ⅰ)。麻酔管理方法は精神鎮静法、日帰り全身麻酔法などがあります。

対象となるのはこのような方です。

  • 発達障害(自閉症、アスペルガー症候群、ADHDなど)
  • 知的障害(ダウン症、染色体異常など)
  • 脳性まひ
  • てんかん
  • 先天的疾患(先天性胆道閉鎖症、先天性無痛無汗症、その他内臓疾患など)
  • 後天的疾患(肢体不自由など)

障害者歯科外来はこちら

慢性の痛み・しびれ外来

慢性の痛み・しびれ外来では顎・顔面領域の慢性的な痛みやしびれに対して各種神経ブロック療法や点滴治療、漢方を含めた内服治療を行っています。

対象となるのはこのような方です。

  • 原因不明の、顔面部の痛み・しびれでお困りの方
  • 歯科治療では改善しない歯の痛みがある方
  • 顔面部の帯状疱疹痛(あるいは帯状疱疹後の痛み)がある方
  • 末梢性顔面神経麻痺の方
  • インプラント手術後などで顎周囲の神経麻痺がある方

慢性の痛み・しびれ外来はこちら

歯科麻酔科の特色

歯科麻酔科では、3つの専門外来を中心とした様々な患者様を対象としております。またその他にも、東京歯科大学千葉歯科医療センター内での歯科治療中の救急対応等も行っており、患者様に安心して歯科治療を受診していただけるように徹底した安全管理を行なっております。

  • 静脈内鎮静法を中心とした精神鎮静法は年間約2700例
  • 星状神経節ブロックを中心としたペインクリニックは年間約2000例
  • モニター監視下での処置年間約200例
  • 日帰り全身麻酔は年間約150例

症例数においても国内の歯科医療機関では有数の症例数です。

受診方法

上記の症状に当てはまり、歯科麻酔科の受診を希望される方は、お気軽に東京歯科大学千葉歯科医療センター歯科麻酔科(043-270-3902)までご連絡ください。
なお治療は予約制となっております。

施設認定

日本歯科麻酔学会研修施設
日本歯科麻酔学会指導施設
日本障害者歯科学会臨床研修施設
日本老年歯科医学会研修施設

専門医、指導医、認定医(H30.4.1現在)

氏名 専門医・指導医・認定医 学会名
一戸 達也 専門医・指導医・認定医 一般社団法人日本歯科麻酔学会
指導医・認定医 一般社団法人日本障害者歯科学会
専門医・指導医・認定医 一般社団法人日本老年歯科医学会
松木 由起子 専門医・認定医 一般社団法人日本歯科麻酔学会
川口 潤 認定医 一般社団法人日本歯科麻酔学会
萩原 綾乃 認定医 一般社団法人日本歯科麻酔学会
小林 紗耶香 認定医 一般社団法人日本歯科麻酔学会
飯嶋 和斗 認定医 一般社団法人日本歯科麻酔学会