本文へ

東京歯科大学 水道橋病院

【全:水道橋】アクセスリンク

アクセス JR水道橋駅 東口右手正面徒歩1分

【全・水道・SP】navigation

【h1:エディタ】ページタイトル

けんこうすぽーつしか健康スポーツ歯科

03-5275-1721~1722

【参】健康スポーツ歯科:タブ

健康スポーツ歯科

診療科のご案内

健康スポーツ歯科は、健康の維持・増進に不可欠な運動、栄養、休養の3つの要素を支える診療科です。歯科医学を通じて、 ①十分な咀嚼、必要なスポーツクレンチング(運動時の噛みしめ)を可能とする口腔内環境を整え、スポーツ・運動を支援することにより、健康寿命の延伸、QOLの向上に寄与いたします。また、 ②顎顔面・口腔外傷、障害等の予防とその発生時には診断、治療を行い、身体的・精神的負担を極力早期に軽減し、通常のレベルに回復できるようご協力いたします。さらに、 ③運動・スポーツ競技力の維持・向上もご援助させていただきます。どうぞご気軽にご相談ください。

診療科の特色

就学前児童の身体活動、学校体育、競技スポーツ、生涯健康スポーツなど、それぞれのライフステージに合わせた活動をサポートします。
歯科を通じて、「スポーツ外傷の予防」、「正しい栄養摂取」、「体力づくり」、「健康の維持・増進」を進めていく診療科です。
「睡眠時無呼吸症」、「いびき症」や「歯ぎしり」など、様々な睡眠関連歯科疾患についても対応しています。

主な対象疾患

  • マウスガードによる歯や顎の外傷予防
  • フェイスガードによる顔面の外傷予防
  • 歯や顎の外傷の治療
  • スポーツチーム単位の歯科的サポート
  • スポーツ選手やスポーツ愛好家への歯や噛み合わせのメンテナンス
  • 虫歯や入れ歯の治療など、噛み合わせを改善することによる、高齢者の転倒や脳機能の維持、増進
  • 睡眠時無呼吸症の改善
  • いびき症の改善
  • 歯ぎしりの防止

主な対象疾患01

主な対象疾患02

主な対象疾患03

主な対象疾患04

その他

  • スポーツには怪我がつきものです。特に動きの速いスポーツやコンタクト(接触)の多いスポーツでは、脳震盪を含め顎口腔領域への怪我の発生率が高くなります。児童から成人までスポーツを楽しむにはまず安全であることが重要です。これらの外傷から顎口腔領域を保護する装置としてマウスガード(マウスピース)があります。最近では、顎顔面の保護装置としてノーズガードやフェイスガードなどの提供も行っております。
  • 危険度の高いスポーツ
  • ボクシング、ラグビー、アメリカンフットボール、ホッケー、アイスホッケー、サッカー、ラクロス、ハングライダー、柔道、空手、相撲、マウンテンバイク、モータースポーツなど
  • 中等度の危険を有するスポーツ
  • バスケットボール、ハンドボール、スケート、スキー、スノーボード、野球、体操、乗馬、スカッシュ、飛び込みなど
  • また、身体バランスを重視する弓道やアーチェリー、射撃、ゴルフなど、さらには競艇、競輪、競馬、オートレース、パワーリフティング、重量挙げなどにも効果的です。
  • 武田友孝: 社団法人日本補綴歯科学会専門医・指導医、日本スポーツ歯科医学会認定医、日本体育協会公認スポーツデンティスト、日本オリンピック委員会・バレーボール競技・強化スタッフ、公益財団法人日本スケート連盟医事委員会委員、全日本スキー連盟競技本部専門委員、関東ラグビーフットボール協会メディカルソサエティ歯科委員会委員
  • 中島一憲: 公益社団法人日本補綴歯科学会専門医、日本スポーツ歯科医学会認定医、日本体育協会公認スポーツデンティスト、関東ラグビーフットボール協会メディカルソサエティ歯科委員会委員
  • 川上良明: 公益社団法人日本補綴歯科学会会員、日本スポーツ歯科医学会会員
  • 河野克明: 公益社団法人日本補綴歯科学会会員、日本スポーツ歯科医学会会員
  • 鈴木義弘: 公益社団法人日本補綴歯科学会会員、日本スポーツ歯科医学会会員
  • 西野仁泰: 公益社団法人日本補綴歯科学会会員、日本スポーツ歯科医学会会員
  • 松田祐明: 公益社団法人日本補綴歯科学会会員、日本スポーツ歯科医学会会員

外部リンク

噛むこと研究室
日歯8020テレビ:スポーツと歯科