口腔外科

この診療科について

この診療科の特色

口腔外科では、上記の様に口の中とその周囲に発生するあらゆる病気が診療の対象となります。また、補綴前手術、全身疾患をともなう小手術にも積極的に対応しています。
最近では骨粗鬆症やがんの治療で使用されるビスホスホネート製剤という骨を強くする薬に関連して起こる顎骨の壊死が話題になっています。この薬を使用されている患者様の抜歯や、顎骨壊死にも対応しています。
また、当科では以前より千葉県内外で “口腔がん検診”を行っております。口の中は目で確認できる場所です。定期的な検診で早期発見、早期治療が可能となります。

 

主な対象疾患と治療内容
親知らず(智歯)
普通にはえている智歯以外に、埋まっている智歯の抜歯も行います。顎の中の神経に近い場合はCTなどで精密検査を行い、必要に応じて精神鎮静下や全身麻酔下に抜歯を行います。

外傷
口腔内外の裂傷、歯牙の脱臼、顎の骨折などに対し、噛み合わせを元に戻すことを第一の目標とし治療します。

炎症
歯が原因で起こる骨膜炎や蜂窩織炎などの炎症に対し、抗菌薬の投与や消炎術(切って膿を出す)を行います。重症の場合は入院や全身麻酔下での手術が必要なこともあります。

顎関節症
マウスピースを用いた治療、筋肉マッサージ、顎関節の洗浄などを行います。

嚢胞
口の軟組織や顎の骨の中にできた袋状の病気(嚢胞)を摘出します。

腫瘍
口の中のいたるところに腫瘍はできます。また腫瘍には良性のものと悪性のものがあります。腫瘍の種類に応じて治療(切除など)を行います。

粘膜疾患
口腔粘膜の白色変化や水疱、ただれなどを調べて診断します。それぞれに合った治療を行います。

神経疾患
顔面の痛みやしびれなどがあります。原因を調べ、主にお薬で治療します。必要に応じて専門外来へ依頼します。

慢性の痛み、しびれ外来はこちら

口腔乾燥症・舌痛症
含嗽剤の処方やカウンセリングを行います。必要に応じて専門外来へ依頼します。

ドライマウス外来はこちら
味覚異常外来はこちら

唇顎口蓋裂
唇裂、顎裂、口蓋裂それぞれに対し閉鎖する手術を行います。手術だけでなく、言語や歯並び・噛み合わせの治療も行います。

唇顎口蓋裂外来はこちら

顎変形症
歯科矯正医と連携を取り、手術で噛み合わせを治します。

顎変形症外来はこちら

 

施設認定

日本口腔外科学会研修機関
日本老年歯科医学会研修施設
日本がん治療認定医機構研修施設

 

専門医、指導医、認定医(H27.6.1更新)
氏名 専門医・指導医・認定医 学会名
柴原 孝彦指導医・専門医公益社団法人日本口腔外科学会
暫定教育医一般社団法人日本がん治療認定医機構
認定医公益社団法人日本顎顔面インプラント学会
老年歯科専門医一般社団法人日本老年歯科医学会
指導医日本有病者歯科医療学会
佐々木 研一指導医・専門医公益社団法人日本口腔外科学会
指導医・専門医公益社団法人日本顎顔面インプラント学会
髙木 多加志指導医・専門医公益社団法人日本口腔外科学会
暫定教育医一般社団法人日本がん治療認定医機構
松崎 英雄指導医・専門医公益社団法人日本口腔外科学会
田中 潤一指導医・専門医公益社団法人日本口腔外科学会
重松 司朗指導医・専門医公益社団法人日本口腔外科学会
がん治療認定医一般社団法人日本がん治療認定医機構
須賀 賢一郎指導医・専門医公益社団法人日本口腔外科学会
大畠  仁指導医・専門医公益社団法人日本口腔外科学会
藥師寺 孝専門医公益社団法人日本口腔外科学会
がん治療認定医一般社団法人日本がん治療認定医機構
ICD (Infection control doctor)
神尾  崇専門医・認定医特定非営利活動法人日本歯科放射線学会
伊藤 亜希指導医・専門医公益社団法人日本口腔外科学会
がん治療認定医一般社団法人日本がん治療認定医機構
中野 洋子専門医公益社団法人日本口腔外科学会
恩田 健志専門医公益社団法人日本口腔外科学会
がん治療認定医一般社団法人日本がん治療認定医機構
ICD (Infection control doctor)
抗菌化学療法認定歯科医師公益社団法人日本化学療法学会
成田 真人専門医公益社団法人日本口腔外科学会
山村 哲生認定医公益社団法人日本口腔外科学会
岩本 昌士認定医公益社団法人日本口腔外科学会
右田 雅士専門医公益社団法人日本口腔外科学会
森川 貴迪認定医公益社団法人日本口腔外科学会
藤本 侑子認定医公益社団法人日本口腔外科学会
渡部 幸央認定医公益社団法人日本口腔外科学会
引田 正宣認定医公益社団法人日本口腔外科学会
林  宰央認定医公益社団法人日本口腔外科学会

親知らず

 「智歯(親知らず)」は、上下顎左右合わせて4本あり、前から数えて8番目で一番奥の歯(第3大臼歯)です。20歳前後に萌出してくると言われています。そして、人によっては、欠損している歯、傾斜して埋まっている歯、完全に骨の中に埋まっている歯など様々な状態があります。


①上顎埋伏智歯

上顎の智歯(親知らず)が骨に埋まっている状態。(上顎洞近接)

②下顎水平埋伏智歯

下顎の智歯(親知らず)が水平に埋まっている状態。

③下顎垂直埋伏智歯

下顎の智歯(親知らず)が骨に埋まっている状態。

 さて、なぜ智歯(親知らず)を抜かなくてはならないのでしょうか?

 奥歯(臼歯部)は、歯ブラシが届きにくく、清潔にしておくのは難しいため、食物残渣が停滞して、細菌感染を起こし易くなります。


 親知らずの周囲に炎症がある状態を「智歯周囲炎」といいます。この状態を繰り返したり、長期間放置しておくと前の歯や歯周組織に悪影響を及ぼすことが考えらます。また、ひどくなると広範囲に炎症(炎症のページにリンク)が波及し、口が開きづらくなったり、稀ですが呼吸困難を起こすこともあります。

どの様な智歯(親知らず)は抜いたほうがよいのでしょうか?
 
智歯(親知らず)の周りの歯肉が腫れている
食べ物がよく詰まる
前の歯、智歯(親知らず)が虫歯になっている
智歯(親知らず)の周りに病巣がある
矯正治療のために抜歯を必要としている(原則として保険適用外となります)

などが挙げられます。

 親知らずの抜歯は、上顎では上顎洞(鼻と交通している空洞)、下顎では下歯槽神経(下唇と唇の下の皮膚の知覚神経)に細心の注意を払い行っていきます。抜歯前に画像検査をし、智歯(親知らず)の状態の確認、どの様にして抜歯をするか計画を立てます。また、矯正治療の一貫で抜歯を要する方、全身疾患のある方の抜歯も行っています。歯科処置に恐怖心の強い方や全身疾患がある方には歯科麻酔医と連携し、精神鎮静法(点滴によりリラックスしている状態にする)で抜歯する方法もあります。場合によっては全身麻酔、入院下で処置をすることもあります。担当医が歯の状態、手技、合併症、治療期間など十分に説明をします。詳細は担当医までお願いします。

 

外傷

 顎顔面領域の外傷には、受傷部位により口腔軟組織における損傷、歯牙の損傷、および顎骨骨折があります。

①軟組織損傷
 口腔内は転倒、交通事故、打撲など様々な原因により損傷を生じます。まず砂などの異物を丁寧に摘出、洗浄し、傷の縫合を行います。
 口腔内の損傷は多量の出血が見られることがあり速やかに適切な処置を必要とします。

②歯牙損傷
 歯牙の損傷には歯牙の破折・嵌入(かんにゅう)・脱臼などがあります。
 抜け落ちた歯(歯牙脱臼)を元の位置に戻すことを歯牙再植術と呼び、早期に適切な処置を行えば、十分な機能を果たす可能性が高まります。脱落した歯は無理に洗ったりせず、生理食塩水や牛乳などで乾燥させないようにしてお持ち下さい。



③顎骨骨折
 顎骨骨折では軟組織損傷を伴うことが多く、出血、疼痛、腫脹などを認めることから救急処置が優先されます。
 顎骨骨折の治療では単純に骨片線を整復するだけでなく咬合や咀嚼機能の回復が重要です。治療法としては非観血的治療と観血的治療(入院下手術、プレートなどによる固定)に大別されます。骨折した骨にずれがない場合、ワイヤーによる結紮固定や牽引などの非観血的治療を行う事があります。骨折した骨にずれがあり、咬合に異常を認める場合、金属プレート・スクリューを使用して骨折部の整復固定し、咬合の回復を図ります。

 

炎症

炎症
 炎症とは、生体にとって何らかの有害な刺激が原因となって引き起こされる組織の防衛反応です。
 口腔が関わる炎症には、歯に起因する細菌による歯性感染症の他に、唾石症による炎症、インプラント周囲の炎症などがあります。
   齲蝕症や辺縁性歯周炎、さらに、智歯周囲炎は、ほとんどが口腔内常在菌などの細菌によって発症する歯性の感染症であり、主に化膿性炎症を生じます。これらは緩慢に経過するが、 しばしば激烈な急性経過をたどり、急性化膿性顎骨骨膜炎や広範な蜂窩織炎へと進展することがあります。

 

治療法
  炎症性疾患に対する治療法には、原因を除去ないし排除する原因療法、手術療法、さらに、抗炎症薬の投与の他、罨法や輸液などによる局所と全身への対症療法があります。
 これら治療法は、炎症の種類や程度、経過や進展状態、全身状態を評価して、診断したのち施されます。
 顎・口腔領域の炎症は、原因が微生物による歯性化膿性炎症が多いことから、その対策が主となり、重症例では気道閉塞、さらに、縦隔への波及により致死的な経過を辿ることがあるため、迅速で的確な対応が必要となります。
 当科において過去10年間(1999年1月~2008年12月)に歯性感染症にて入院加療を要した患者数は231名であり、うち全身麻酔にて手術を行った患者数は112名でした。

<<虫歯、歯槽膿漏から重症な炎症に波及>>

虫歯(う蝕症)、歯槽膿漏(歯周炎)

歯髄感染症(化膿性歯髄炎)

根管内感染

根尖性歯周炎→顎骨骨髄炎

歯槽骨炎→歯槽膿瘍

顎骨骨膜炎+顎下隙膿瘍や顎骨骨膜炎+眼窩周囲膿瘍


 

嚢胞(のうほう)

嚢胞とは顎の骨の中などにできる袋状の病変のことです。
顎の骨の中にできるものと舌や下唇、頬などの軟組織にできるものにわかれます。
小さなものは通院下での治療が可能ですが、大きなものは入院下・全身麻酔下に治療を行うこともあります。

①顎の骨の中に発生する嚢胞
<歯根嚢胞>
<含歯性嚢胞>

②軟組織に発生する嚢胞
<粘液嚢胞>
<ガマ腫>

③嚢胞の治療例
<歯根嚢胞に対する歯根端切除術+嚢胞摘出術>
歯の根の先に嚢胞ができ、歯茎に膿の出口を形成しています。

<歯根端切除術+嚢胞摘出術>
嚢胞と原因の歯の根の一部を一緒に摘出します。

※術後のレントゲンで嚢胞を摘出した部位に骨の形成を認めます。
<術前>
<術後>

 

腫瘍

口腔がんとは
 口腔がんとは口の中や顎の骨、唾液腺などにできる腫瘍のうち、悪性のものをいいます。また、肝臓癌や肺癌などが口の中に転移することもあります。口腔がんのほとんど(80%)が扁平上皮癌というがんです。これは口腔内を覆っている粘膜が重層扁平上皮であり、そこにできたがんを指します。口腔がんは発生部位によって「舌がん」「歯肉がん」「口底がん」などと呼ばれています。口腔粘膜は絶えず食事や細菌、ウイルスなどによる刺激を受ける部位です。これらの刺激が蓄積されて発がんすると考えられています。口腔がんは日本で発症するがんの25%です。以前は50歳以上の男性に多いといわれておりましたが、最近では女性や若年者にもみられるようになってきています。世界的には口腔領域のがんは欧米諸国で減少傾向にあるのに対し、日本では増加してきています。

 

症状
 初期の口腔がんは痛みや出血などの自覚症状を伴わないことも少なくありません。「口のなかに白い着色がある」、「口内炎がなかなか治らない」、「食べ物が飲み込みづらい」などの症状がしばらく続くようなら、専門医の受診をお勧めします。

最近のお口の中の変化について当てはまるものをチェックしてみて下さい。
  ● 1日たばこを40本以上吸う。
  ● 毎日日本酒を3合以上飲む。
  ● 口内炎が2週間以上治らない。
  ● 歯を抜いた傷が2週間以上治らない。
  ● 頬や舌などを噛んだ傷が治らない。
  ● 入れ歯があたってできた傷が治らない。
  ● 最近歯が浮くような感じがする。
  ● 口の中に白っぽいできものがある。
  ● 口の中が赤くただれて治らない。
  ● 口の中にしこりがある。
  ● 舌が動かなくなった。
  ● 口が開かなくなった。
  ● 下唇や舌がしびれる。

たくさんの項目に該当する場合には専門医での検査を受けましょう。

注意
口腔がんは直接目でみることができます。
しかし、口腔がんの診断には専門医の目が必要なのです。早く発見できれば充分に治すことができます。不安な方は、かかりつけの歯科医師に相談しましょう。

代表的な口腔がん

◇舌がん
口腔がんの中でもっとも多いものです。
舌の脇(舌縁)に多く発生します。誤って舌を噛んでしまったり、あわない入れ歯があたっていたり、むし歯を治療せずにたえず舌に傷をつくったりすることがきっかけになることがあります。

◇歯肉がん
歯茎にできるがんで舌がんに次いで多い口腔がんです。
歯を抜いた傷が治らなかったり、入れ歯があたってできた傷が治らないとがんの可能性が高いです。

◇口底がん
下あごの歯茎と舌の間を口底部といいます。
そこにできたがんを口底がんといいます。

◇頬粘膜がん
頬の内側の粘膜にできるがんです。
頬を噛んでしまったことがきっかけとなることもあります。

 

診断
 口腔がんの検査には、細胞を診る検査(細胞診)と組織を一部切除して診る検査(病理組織診)があります。細胞診は、細胞に異常があるかないか(異型度)を判別し、その病気が悪性かどうかをチェックする方法です。体に負担がかからず、痛みの少ない検査です。ただし、この検査ではがんかどうかの確定診断はつきません。確定診断には病理組織診を行う必要があります。病理組織診は、局所麻酔を行って、組織を一部分もしくは全部切り取って調べる検査です。

 

治療
 がんの治療には、「手術」、「放射線療法」、「化学療法」などがあります。これらを単独もしくは組み合わせて治療を行います。口腔がんはほとんどのものが「手術」による病変の切除が中心になります。口腔がんは進行にともない、頸部のリンパ節に転移をします。各検査により転移が疑われる場合には、頸部にあるリンパ節を周囲の脂肪組織と一緒に切り取る「郭清術」が必要になることがあります。さらに進行がんでは、手術以外にも「放射線療法」や「化学療法」を組み合わせる場合もあります。放射線治療施設は当院にありませんので、近隣の施設との連携を行ったり、当大学が設置している「口腔がんセンター」(東京歯科大学市川総合病院内)での治療を行います。どのような治療法を選択するかについては、病気の進行にもよりますが、患者様と担当医との十分な説明同意のもとに治療を行っていきます。また、口腔は日常生活において、食事摂取や呼吸など重要な機能を担っています。術後これらの機能の回復を図るため、再建術を行うことがあります。再建術とはお腹や胸の皮膚や腕の皮膚などを用いて口の中病気を取った後の欠損を補うものです。

 

治療成績
 日本の口腔・咽頭がんの平均5年生存率は50.4%といわれております。当院での口腔がん治療例についての進行期別5年生存率を示します。



口腔腫瘍外来はこちら

 

良性腫瘍
 当科であつかう良性腫瘍には、歯原性腫瘍(歯をつくる組織からなる腫瘍)、非歯原性腫瘍(その他の腫瘍)、唾液腺腫瘍(唾液腺をつくる組織からなる腫瘍)があります。

◇歯原性腫瘍
歯科医院でのレントゲン写真で偶然発見されることが多く通常は無症状です。数ヶ月~数年経過し大きくなると腫れや顔の変形を認めることがあります。
腫瘍が見つかった場合、手術による処置が必要となります

◇非歯原性腫瘍
歯に関係ない腫瘍で、からだのほかの部分にできるものと同じと考えられます。きわめて種類が多く、顔面やあご、さらに口の中にもできます。
例えば、線維種、血管腫、乳頭腫、リンパ管腫、骨腫、筋腫等さまざまなものがあります。

◇唾液腺腫瘍
 一般に境界が明瞭で硬く、少しずつ大きくなるため、発見しにくいこともあります。耳下腺、顎下腺、舌下腺のほか、口蓋などにも発生することがあり、悪性の腫瘍もあります。

 

口腔粘膜疾患

口腔粘膜疾患
 口腔粘膜疾患とは口の中の粘膜(舌、歯肉、口蓋、頬など)が、白色や赤色に変色したり、水疱(水ぶくれ)ができたり、表面の凸凹、不整な形、ヒリヒリした痛みがあるなど様々な兆候を示します。これらのなかには、良性、悪性、または悪性に変化する病気もあります。治療は、投薬、歯や義歯(入歯)の調整などをして経過を診るものから、変化した組織を採取して顕微鏡の検査を行う場合もあります。その結果によっては、病変部を切除することもあります。現在、かかりつけ歯科では、歯だけではなく、口の中全体をチェックしますので定期的に通院しましょう。また、変化があれば、すぐにご相談下さい。

 

口腔粘膜疾患の例
◇白板症
口腔粘膜疾患にみられる、白い角化性の病変です。比較的頻度も高くみられ、まれに癌化することがあるため、前癌病変といわれています。

◇扁平苔癬
皮膚や粘膜にできる、角化性で炎症を伴う難治性の病変で、白い粘膜疹(ねんまくしん)がレース状にみられ、周囲が赤くなったりします。
 

◇口腔カンジダ症
おもにカンジダ・アルビカンスという真菌(カビ)によっておこる口腔感染症です。口腔内に白苔を形成しますが、ガーゼで拭うと剥離可能です。しかし、中には剥離しにくいものもあります。

その他に、ウィルス疾患として口腔粘膜に多数の口内炎や水疱を形成するものもあります。

 

神経疾患

顎顔面口腔領域の神経疾患とは
 口腔や顔面に分布している神経には、三叉(さんさ)神経や顔面神経などがあり、口の中や周りの感覚や、咀嚼(そしゃく)運動や表情を作る動きを司っています。
 これらの神経が痛んだり、麻痺したりする疾患を神経疾患といいます。顎顔面口腔領域では、三叉神経痛や顔面神経麻痺などがあります。

 

三叉神経痛
脳や脊髄神経などの中枢神経に関連して起こる真性(特発性)三叉神経痛と、末梢部分の様々な原因によって二次的に起こる仮性(症候性)三叉神経痛があります。

【原因】
 真性三叉神経痛は原因不明なことが多いですが、頭蓋内の血管が神経を圧迫していることによるといわれています。また、仮性三叉神経痛は神経までおよぶ腫瘍や炎症、外傷などが原因といわれており、三叉神経領域の帯状疱疹後に現れる神経痛などがありあます。

【症状】
 真性と仮性で症状が違います。真性では、突然ビリビリとした電撃様のはげしい痛みが顔面の左右どちらかにみられるのが特徴です。痛みは発作性ですぐにおさまります。また、発作は食事、洗顔、歯磨き等の刺激で誘発され、また特定の部位を触ることでも痛みが生じます。仮性でもビリビリとした神経痛様の痛みを現しますが、感覚異常や自律神経症状など他の症状伴うことが多いです。

【治療】
 真性三叉神経痛では、脳神経外科での治療を必要とすることが多いです。当科では主に、原因となっている疾患の治療や神経痛に対する抗けいれん薬を用いた薬物療法を行っています。必要に応じて、脳神経外科や当院の慢性の痛み・しびれ外来へ依頼することもあります。

 

顔面神経麻痺
 顔面神経麻痺は顔面神経が障害されている部位によって、中枢性と末梢性に分類されます。

【原因】
 中枢性では、脳梗塞や脳卒中、脳内出血、脳腫瘍、脳炎などにより引き起こされます。また、末梢性では、原因不明のベル麻痺も多いですが、主な原因として、ヘルペスウィルスや栄養血管障害、寒冷刺激等が考えられています。

【症状】
 中枢性顔面神経麻痺の場合には、「額のしわを作ることができる」「眉毛を動かすことはできる」という特徴的な症状がありますが、表情筋の麻痺は著明ではありません。また、ほとんどの場合で手足の麻痺など、顔面神経麻痺以外の症状も併発します。一方、末梢性顔面神経麻痺では眉毛も含めて麻痺が起こることが多く、通常手足の痺れなどの症状が出ることはありません。麻痺の起こった側に以下のような症状がみられます。  
  ● 口角が下がる
  ● 口笛が吹けない
  ● 口元のしわがなくなる
  ● 額のしわ寄せができない
  ● 目が乾いて赤くなる(麻痺性兎眼)
  ● まぶたを閉じようとすると白目になる(ベル症状)

また、障害された部位により、以下の症状を起こす場合もあります。
  ● 味覚障害
  ● 聴覚障害
  ● 涙や唾液の流出の低下


【治療】
 中枢性の場合は、脳神経外科での治療が必要になります。末梢性の場合は、まず原因に対する治療を行い、麻痺に対してはビタミン剤の投与や温罨法、マッサージの指導を行っています。また、慢性の痛み・しびれ外来での星状神経節ブロックも行っています。

いずれも初期治療が重要です。症状が現れたらなるべく早めの受診をお勧めします。