本文へ

【全・市川】logo

  • 標準

【全・市川】tel

047-322-0151(代表)

H1

患者支援センター

コンテンツ

ご挨拶

患者支援センターは、連携事務部門、ベッドコントロール部門、退院支援部門、在宅療養支援部門、患者相談部門(がん相談支援センター)より構成され、外来診療から入院加療、そして退院後の生活にいたるまで安心して療養できるようお手伝いいたしております。
地域医療支援病院である当院では、かかりつけの医療機関からご紹介いただいた患者さんに、円滑に、適切な診療科で担当医師の診察を受けていただき、診断後速やかにかかりつけの先生にご報告ができるような体制作りに努めております。
入院される患者さんとご家族には、安心して治療に専念できるよう、入院前から退院後の療養生活への円滑な移行を見据えた切れ目のない医療サービスの提供を目指しております。かかりつけの医療機関にとどまらず地域の介護専門員の方々との連携も図り、一方で当院の病棟スタッフとも情報を共有して、患者さん一人一人のご希望に沿った当院での急性期医療を提供し、その後はまた適切な療養生活が送れるように具体的なお手伝いをしています。また、在宅での療養を希望する患者さんも増えており、在宅医療や訪問看護といったサポートが必要な場合にはその橋渡しも行っております。
患者相談部門では療養生活に伴って生じる様々な心配ごとについて、患者さんやご家族と一緒に考えながら、解決するお手伝いをしています。医療費などの経済的なこと、社会福祉制度に関することなど様々なご相談をお受けしています。
がん診療療養拠点病院でもある当院ではがん相談支援センターも有しており、治療に関すること、経済的なこと、セカンドオピニオンについてなど患者さんやご家族のご相談に対応しています。
このように市川の中核医療を担うため、患者さんやご家族の多種多様なニーズに応えるために、多職種が協働して支援をしております。お困りなことがありましたら是非ご相談ください。

患者支援センター
センター長 仁科 牧子