本文へ

【全・市川】logo

  • 標準

【全・市川】tel

047-322-0151(代表)

H1

臨床指標

コンテンツ

臨床指標について

臨床指標とは、医療の質をあらわす指標です。病院の機能や診療の状況などについて、様々な指標を設定することで医療の質を数値として示すことができます。
また、指標を経時的に把握・分析し、改善を促すことにより、医療の質の向上を図り、患者さんに安全な医療を提供することを目的としています。

用語として、臨床指標 Clinical Indicator:CI、または質指標Quality Indicator:QIと呼ばれます。

東京歯科大学市川総合病院の臨床指標

患者満足度

外来患者満足度

定義・説明:患者さんにアンケートをお配りして回答をいただいています。総合評価としての設問「東京歯科大学市川総合病院を親しい方にもすすめようと思いますか?」の回答を集計しています。

  • 設問:東京歯科大学市川総合病院を親しい方にもすすめようと思いますか?
  • 回答:5段階評価「すすめる」「まあまあすすめる」「どちらとも言えない」「あまりすすめない」「すすめない」
  • 収集期間:11月1日~30日の間の任意の日程で調査

設問「当院を親しい方にもすすめようと思いますか?」

  すすめる まあまあすすめる どちらともいえない あまりすすめない すすめない 対象期間 回答患者数 対象期間外来患者 回答率
2017年度 220 296 238 13 13 2日 780 2,483 31.4
2018年度 39 53 37 2 3 5日 134 6481 2.1
2019年度 106 137 81 9 7 1日 347 1340 25.9
  A)すすめる+まあまあすすめる B)どちらともいえない+あまりすすめない+すすめない A)+B) A)の割合
2017年度 516 264 780 66.2%
2018年度 92 42 134 68.7%
2019年度 243 97 340 71.5%
外来患者満足度

解説:患者さんが当院の外来診療にどの程度満足(納得)されたかを示しています。医療の結果を直接表すものではありませんが、当院の医療の質を示す重要な指標のひとつと考えています。この指標は高い方が望ましいです。

その他の患者満足度調査の結果はこちらよりご覧ください

入院患者満足度

定義・説明:患者さんにアンケートをお配りして回答をいただいています。総合評価としての設問「東京歯科大学市川総合病院を親しい方にもすすめようと思いますか?」の回答を集計しています。

  • 設問:東京歯科大学市川総合病院を親しい方にもすすめようと思いますか?
  • 回答:5段階評価「すすめる」「まあまあすすめる」「どちらとも言えない」「あまりすすめない」「すすめない」
  • 収集期間:11月1日~11月30日(2017年度のみ11月8日~1月8日)

設問「当院を親しい方にもすすめようと思いますか?」

  すすめる まあまあすすめる どちらともいえない あまりすすめない すすめない 対象期間 回答患者数 対象期間外来患者 回答率
2017年度 329 160 74 4 2 11/8-1/8 569 2,168 26.2
2018年度 340 168 36 2 1 11/1-11/30 547 1076 50.8
2019年度 206 89 34 1 0 11/1-11/30 338 1063 31.8
  A)すすめる+まあまあすすめる B)どちらともいえない+あまりすすめない+すすめない A)+B) A)の割合
2017年度 489 80 569 85.9%
2018年度 508 39 547 92.9%
2019年度 295 35 330 89.4%
入院患者満足度

解説:患者さんが当院の入院診療にどの程度満足(納得)されたかを示しています。医療の結果を直接表すものではありませんが、当院の医療の質を示す重要な指標のひとつと考えています。この指標は高い方が望ましいです。

その他の患者満足度調査の結果はこちらよりご覧ください。

病院全体

死亡退院患者率

定義・説明:全入院症例のうち、同一入院期間内で死亡退院した割合を示しています

  • 分母:全入院症例数
  • 分子:全死亡者数
  • 収集期間:年度
分子 分母 割合
  死亡件数 症例数 死亡退院患者率
2017年度 381 11,747 3.2%
2018年度 384 11,577 3.3%
2019年度 375 11,854 3.2%
死亡退院患者率

解説:死亡率は病院の努力で下げられる部分と、疾病や重症度などの患者さんの状態により死亡したと推測される部分があります。また、死亡率は病院の規模や機能によって大きな影響を受けるので、他施設と比較することよりも自院の数値の経年的変化に着目していく必要があると考えています。その期間に重症な患者さんがどの程度入院されていたかにもよるため、この指標は単純な高低での評価は難しいと言えます。

救急車の応需率(救急委員会)

定義・説明:救急車受け入れ要請のうち何台受け入れができたのかを示しています。

  • 分母:救急隊からの受入れ要請件数
  • 分子:当院で受入れた患者数
  • 収集期間:年度
分子 分母 割合
  受入れ患者数 救急車の受入れ要請件数 救急車の応需率
2017年度 5,680 7,183 79.1%
2018年度 5,496 6,819 80.6%
2019年度 5,218 6,801 76.7%
救急車の応需率

解説:病院の規模や機能、地域性などにより、要請件数と受入れ件数は大きく変わります。また、救急車の受け入れ要請があった際、受け入れ診療科が緊急手術中である、他の救急患者さんの対応中であるなど、受け入れることが患者さんの不利益に繋がる恐れがある場合にはお断りすることもありますが、この指標は高い方が望ましいです。

7日以内再入院のうち計画外入院割合

定義・説明:退院後7日以内に再入院した症例のうち、計画外に再入院した症例数の割合を示しています。計画外とは、化学療法などの計画的な治療のため再入院した場合を除いたものをいいます。

  • 分母:前回退院日が今回の入院日から7日以内の症例数
  • 分子:分母のうち、計画外の再入院の症例数
  • 収集期間:年度
分子 分母 割合
  計画外の再入院患者数 7日以内の再入院患者数 計画外入院割合
2017年度 165 300 55.0%
2018年度 175 317 55.2%
2019年度 189 362 52.2%
7日以内再入院のうち計画外入院割合

解説:患者さんのQOL(Quality of Life:生活の質)向上や医療費の削減を企図した国の政策などにより在院日数の短縮が推進されている中で、提供されている医療の質が低下していないかなどを図る指標の一つです。予定されていない再入院の理由については、「回復が不十分なままに退院させているのではないか」「入院中の治療は十分であったか」「退院指導は充分であったか」など検証していく必要があります。この指標は低い方が望ましいです。

退院後6週間以内の救急医療入院率

定義・説明:前回の入院から6週間以内に救急にて再入院された患者さんの割合を示しています。

  • 分母:退院症例数
  • 分子:前回の退院日が6週間以内の救急医療入院症例数
  • 収集期間:年度
分子 分母 割合
  前回の退院日が6週間以内の
救急医療入院症例数
退院後6週間以内の
救急医療入院率
救急医療入院率
2017年度 381 11,921 3.2%
2018年度 399 11,710 3.4%
2019年度 373 11,965 3.1%
退院後6週間以内の救急医療入院率

解説:重篤な状態で予定外の再入院をした患者さんの割合ともいえます。重篤な状態とは、意識障害又は昏睡、呼吸不全や心不全、緊急手術を必要とする状態などです。この指標が高い場合「入院時の治療が不十分だったのではないか」「回復が不十分なままに退院させているのではないか」といった分析が必要です。重症な患者を多く受け入れている病院は高い数値になる傾向がありますが、この救急医療入院率は低いほうが望ましいということになります。

医療安全

入院患者の転倒・転落発生率

定義・説明:入院患者延べ人数に対する転倒・転落が発生した割合を示しています。 入院患者延べ人数とは、患者さんの在院日数(入院されていた日数)を足したものになります。

  • 分母:入院患者延べ人数(在院患者日数)
  • 分子:転倒転落の件数(17歳以上、小児、外来患者は除く)
  • 収集期間:年度
分子 分母 割合
  転倒・転落発生数 入院患者延べ人数 入院患者の転倒・転落発生率(‰)
2017年度 308 161,038 1.91‰
2018年度 430 164,115 2.62‰
2019年度 385 160,107 2.40‰
入院患者の転倒・転落発生率

解説:転倒・転落は、病院内で発生した一切の転倒・転落を言います。転倒・転落の原因としては、患者の健康障害(歩行障害等)、治療に伴うもの(麻酔薬や眠剤などの影響によるものや画像検査時の検査台からの転落等)、環境(生活環境の変化によるものや廊下が滑りやすい等)などがあります。この数値は、低い方が望ましいということになります。

インシデント・アクシデントレポート報告数(100床当たり、月平均)

定義・説明:身体への侵襲を伴う医療行為は常にインシデント・アクシデントが発生する危険があります。その発生をできる限り防ぐことは医療安全の基本であり、そのためにはインシデント・アクシデントをきちんと報告することが必要です。

  • 分母:許可病床数/100
  • 分子:入院患者におけるインシデント・アクシデント発生件数の月平均
  • 収集期間:年度
分子 分母
  インシデント
レポート報告数
(100床当たり、
月平均)
インシデント・
アクシデント
発生件数の月平均 
許可病床数/100 インシデント・
アクシデント
レポート報告数
許可病床数
2017年度 50.8 289.3 5.7 3,472 570
2018年度 57.6 328.3 5.7 3,940 570
2019年度 61.1 348.0 5.7 4,176 570
インシデント・アクシデントレポート報告数(100床当たり、月平均)

解説:身体への侵襲を伴う医療行為は常にインシデント・アクシデントが発生する危険がありますが、その発生をできる限り防ぐことは医療安全の基本です。この数値は低い方が望ましいのですが、院内からのインシデント・アクシデントの発生報告が適切に行われていることが前提となります。当院では、この報告が適切に行われるための取り組みを強化したことが、報告件数やそれに伴うインシデント・アクシデントの発生件数の増加に影響したと考えています。取り組みの定着後の経年的な数値の変化を見ていきたいと思います。

薬剤

広域抗菌薬使用前の培養検査実施率

定義:広域抗菌薬を投与した症例数のうち、投与開始初日までに培養検査を実施した割合を示しています。

  • 分母:広域抗菌薬投与を開始した入院症例数
  • 分子:分母のうち投与開始初日までに培養検査を実施した人数
  • 収集期間:年度
分子 分母 割合
  分母のうち投与開始初日までに
培養検査を実施した人数
広域抗菌薬投与を
開始した入院症例数
培養実施率
2017年度 297 527 56.4%
2018年度 301 558 53.9%
2019年度 262 520 50.4%
広域抗菌薬使用前の培養実施率

解説:広域抗菌薬(多くの種類の菌に対して効果のある抗菌薬)というと、何にでも効果があるすごい薬のように思われるかもしれませんが、漫然と広域抗菌薬を使用することはMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)などの多剤耐性菌(効果のある薬剤が少ない菌)を発生させてしまうことにつながってしまいます。これを防ぐため、培養検査をして原因菌をつき止め適した抗菌薬を選択していくことが必要となります。当院では、医師だけでなく薬剤師も連携して適した薬剤の選択に努めています。この指標は、広域抗菌薬を漫然と投与していないことを示す数値であり、高いことが望ましいです。

糖尿病

糖尿病・慢性腎臓病を併存症に持つ患者への栄養管理実施率

定義・説明:糖尿病・慢性腎臓病を持病としてお持ちの患者さんが他の疾患で入院した時に、特別食(糖尿病食(カロリーなどが制限された食事)など)が医師の指示のもと提供された割合を示しています。

  • 分母:18歳以上の糖尿病・慢性腎臓病であり、それらへの治療が主目的ではない入院症例の食事数
  • 分子:分母のうち、特別食加算の算定数
  • 収集期間:年度
分子 分母 割合
  分母のうち、特別食加算の算定数 対象入院症例の食事件数 栄養管理実施率
2017年度 46,858 61,027 76.8%
2018年度 52,248 62,229 84.0%
2019年度 46,548 57,251 81.3%
糖尿病・慢性腎臓病を併存症に持つ患者への栄養管理実施率

解説:積極的な栄養管理の介入があるかを示す指標です。入院時に併存症や栄養状態が評価され、患者個々に適した食事の提供がされることが必要だと考えています。この指標は高い方が望ましいです。

急性心筋梗塞

急性心筋梗塞患者の病院到着後90分以内でのPCI実施割合

定義・説明:急性心筋梗塞で受診しPCIを施行した患者さんのうち、来院後90分以内にPCIを施行した症例の割合を示しています。

  • 分母:18歳以上の急性心筋梗塞でPCIを受けた症例数
  • 分子:分母のうち、来院後90分以内に手技を受けた件数
  • 収集期間:年度
分子 分母 割合
  来院後90分以内に
手技を受けた件数
急性心筋梗塞で
PCIを受けた症例数
PCI実施割合
2017年度 53 83 63.9%
2018年度 59 96 61.5%
2019年度 59 87 67.8%
急性心筋梗塞患者の病院到着後90分以内でのPCI実施割合

解説:急性心筋梗塞の治療は、発症後可能な限り早期に閉塞した冠動脈の血流を再開させることが重要になります。この治療には、主にPCIが行われますが、病院到着から90分以内であることが推奨されています。この指標は高い方が望ましいです。

PCIとは、心臓に血液を供給している冠動脈が細くなっているところに、カテーテルと呼ばれる細長い管を挿入し、バルーンやステントなどの器具を用いて血管を広げ、血流を取り戻す治療です。

脳梗塞

脳梗塞の診断で入院し、入院後早期(3日以内)にリハビリテーションを受けた症例の割合

定義・説明:脳梗塞と診断されて入院となった患者さんのうち、入院後3日以内に納所中のためのリハビリテーションを受けた患者さんの割合を示しています。

  • 分母:18歳以上の脳梗塞の診断で入院した症例
  • 分子:分母のうち、入院後早期(3日以内)に脳血管リハビリテーションを受けた症例
  • 収集期間:年度
分子 分母 割合
  入院後早期に脳血管リハビリを
受けた症例数
脳梗塞の診断で入院した症例数 リハビリを受けた症例の割合
2017年度 193 238 81.1%
2018年度 208 241 86.3%
2019年度 181 214 84.6%
脳梗塞の診断で入院し、入院後早期にリハビリテーションを受けた症例の割合

解説:脳卒中の診断後、積極的にリハビリテーションの介入がされているかを示す指標です。脳卒中診断後は、できるだけ早期にリハビリテーションを開始することで、身体機能が早く回復したり、身体機能の低下を防いだりすることにつながり、再発のリスクも減ります。当院では、担当診療科の医師だけでなく、リハビリテーション科の医師や療法士、病棟看護師も協力し、切れ目のないリハビリテーションの提供に努めています。この指標は高い方が望ましいです。