• 小
  • 中
  • 大
  • 標準
  • 青
  • 黄
  • 黒
診療科・部門のご案内
  • 診察のご案内
  • 診療科・部門のご案内
  • 入院・面会のご案内

皮膚科

概要
  外来診療のご案内
  医師のご紹介

概要

経験豊かな皮膚科専門医を中心に、他科、コメディカルと協力して患者中心の、最新かつ最善の良質な皮膚科医療を提供しています。

施設認定

  • 皮膚科専門医研修施設

主な対象疾患

湿疹・皮膚炎群
接触皮膚炎、アトピー性皮膚炎など

蕁麻疹・痒疹
慢性蕁麻疹など

紅斑・紅斑症
多形滲出性紅斑、環状紅斑など

薬疹・中毒疹

皮膚血管炎、うっ滞性皮膚炎などの脈管疾患

熱傷(広範囲な重傷熱傷は除く)、褥瘡などの皮膚潰瘍

水疱症・膿疱症
天疱瘡、類天疱瘡、掌蹠膿疱症など

角化症
魚鱗癬などの遺伝性角化症、乾癬、扁平苔癬など

色素異常症
肝斑、老人性色素斑、尋常性白斑など

脂肪織炎
結節性紅斑など

付属器疾患
ざ瘡、脱毛症(含 男性型脱毛〔ただし自費〕)、爪の変化など

母斑
血管腫を除く(ダイレーザー治療を行っていないため)

皮膚良性腫瘍・悪性腫瘍

ウイルス感染症
帯状疱疹、単純疱疹、カポジー水痘様発疹症など

細菌感染症
伝染性膿痂疹、せつ、丹毒、蜂窩織炎など

真菌感染症
白癬、カンジダ症など

性感染症
梅毒、尖圭コンジローマなど

昆虫による皮膚疾患
虫刺症、疥癬、シラミ症など

検査
真菌検査(KOH法)、皮膚生検検査、各種アレルギー検査(パッチテスト、歯科金属アレルギー検査、プリックテスト、皮内テスト)、ダーモスコピー

治療
イボ・小腫瘍などに対する液体窒素凍結療法、CO2レーザー、光線療法 (ナローバンドUVBは導入されていません)、帯状疱疹後神経痛に対するイオントフォレーシス・硬膜外ブロック(要入院) 、陥入爪に対するワイヤー法、色素性病変に対する外用療法(レチノイン酸、ハイドロキノンなどの美白剤など)

手術
皮膚良性・悪性腫瘍については腫瘍の性質、大きさ、部位などによって形成外科医と共同で治療いたします。

特色

皮膚に生じる異常はすべて対象となるので、化粧品かぶれ、蕁麻疹、皮膚癌など多岐にわたりますが、それぞれの疾患において最良の治療を目指しています。特に、口の中の粘膜や口唇のトラブル(例:水疱症、扁平苔癬)や歯周病や歯科金属アレルギーの関与のある疾患(例:掌蹠膿疱症、異汗性湿疹)については歯科・口腔外科と共同で診察し、さらに掌蹠膿疱症ではビオチン内服療法を行い、かなり良好な治療成績を得ています。

さらに2006年6月より形成外科専門医が当院の常勤となり、共同診療を行うことにより、皮膚良性・悪性腫瘍の拡大切除、再建術はほとんどの症例で可能となりました。また、特殊外来(美容外来)では、にきびやしみに対するピーリング、レーザー(自費) 治療を行っています。