• 小
  • 中
  • 大
  • 標準
  • 青
  • 黄
  • 黒
診療科・部門のご案内
  • 診察のご案内
  • 診療科・部門のご案内
  • 入院・面会のご案内

整形外科

概要
  外来診療のご案内
  医師のご紹介

概要

高度専門領域に最大の力点を置いていることが当科の特色です。中でも脊椎脊髄外科、骨軟部腫瘍、小児整形外科、人工関節外科、手の外科、の各部門には日本整形外科学会が認定する優れた指導医・専門医を揃えて診療に当たっています。

特に、骨軟部腫瘍、小児整形外科は限られた施設でしか治療が受けられない領域であります。また、人工関節外科、骨軟部腫瘍外科、脊椎脊髄外科については、それぞれ、人工関節外来、骨軟部腫瘍外来、脊椎・脊髄病センターを併設して集中的に対応しています。

施設認定

  • 日本整形外科学会研修施設
  • 日本手の外科専門医認定研修施設

主な対象疾患

脊椎・脊髄疾患
頚椎症性脊髄症、頸部脊柱管狭窄症、腰部脊柱管狭窄症、頚椎ヘルニア、腰椎ヘルニア、変形性脊椎症、脊髄腫瘍など

股関節、膝関節疾患
変形性股関節症、変形性膝関節症、関節リューマチ、関節炎、先天性股関節脱臼、股関節・膝関節外傷、骨壊死など

手の疾患
ばね指、関節リューマチ、腱損傷、末梢神経損傷、手の外傷

骨・軟部腫瘍
骨肉腫、軟骨肉腫、悪性線維性組織球腫、脂肪肉腫、脂肪腫、血管腫、神経鞘腫、転移性骨腫瘍など

骨折等外傷
手術が必要な外傷

特色

脊椎・脊髄疾患については、低侵襲手術を顕微鏡下に行い、術後早期の離床・退院を実現し、国内はもとより世界でも高い評価を受けています。実際、日本の低侵襲脊椎外科の第一人者である白石部長は、国際学会にも招待され講演を行い、当院の手術を見学するために他大学から多くの整形外科医、脊椎外科医がこられています。

股関節・膝関節疾患については、ナビゲーションシステムをいち早く導入、より正確な人工関節の設置を実現し、本邦の主要な学会でその成果を発表しています。また、最小侵襲手術(MIS)も積極的に行っており、新しい人工関節システムも導入しております。病状の進行度、年齢によっては人工関節ではなく、長期の安定した成績の期待できる自分の骨による関節の形成術手術を施行しています。高度な技術が要求される人工関節の再手術例についても積極的に手術を実施しています。一方で、治療を行う施設がきわめて限られる小児整形、骨・軟部腫瘍疾患についても対応しています。骨軟部腫瘍については、がん専門施設と同様の水準で化学療法、放射線療法、手術療法を行っています。癌の骨転移に関しても積極的に治療を行い、患者さんの状態によっては早期の社会復帰を実現しています。また、きわめて専門性が高い手の外科の疾患、すなわち手・指の神経損傷、腱損傷、骨折、および肩関節、肘関節疾患についても、手の外科の専門医であるリハビリ科部長の新井医師の指導のもとに治療を行っております。

以上のように当院整形外科の特色は、きわめて専門性の高い独自の治療を高度な水準で幅広く実現していることです。