• 小
  • 中
  • 大
  • 標準
  • 青
  • 黄
  • 黒
診療科・部門のご案内
  • 診察のご案内
  • 診療科・部門のご案内
  • 入院・面会のご案内

放射線科

概要
  外来診療のご案内
  医師のご紹介

放射線診断部門

現在の医療において病気を正確に診断していくために医療画像は非常に重要な役割を担っています。これにはレントゲン写真のほかバリウム造影検査、超音波(エコー)、CT、MRI、血管造影、核医学など様々な検査の画像が含まれます。放射線科ではこれらの検査を専門的に施行し、画像を読影し病気を診断しています。

検査の種類には次のようなものがあります。  

一般撮影検査

  • 単純撮影(胸部・腹部・骨など)
  • パノラマ撮影(全歯撮影・顎関節撮影)
  • マンモグラフィー・乳腺腫瘍画像ガイド下生検
マンモグラフィー撮影装置
マンモグラフィー
撮影装置
頭部X線写真
頭部X線写真
回転パノラマ断層X線写真
回転パノラマ断層X線写真

血管造影検査

血管内に挿入したカテーテルと造影剤を用いることにより心臓病や癌、動脈硬化や動脈瘤などの診断が可能です。それら診断に加え、狭くなった血管を広げたり癌病巣に直接抗がん剤を注入したり、動脈瘤にコイルを詰めるなどの血管内治療もおこなうことが出来ます。

超音波検査(エコー検査)

超音波を利用して身体の内部構造を画像化し、診断する方法です。検査の対象となる部位は腹部、乳房、甲状腺、頚動脈などの種々の領域です。検査の前に必要な処置としては、腹部の場合に朝食を中止していただきます。検査中はベッド上に安静にしていただくだけで痛みなどは無く、検査時間は10分程度です。

骨塩定量測定検査

X線を利用して、腰椎・大腿骨頸部の骨量(骨の密度)を測定し、おもに骨粗鬆症(こつそしょうしょう)を診断する検査です。


ホロジック社製Discovery

高低2種類のエネルギーのX線を照射し、骨と周囲組織の透過度の差を利用して骨量を測定するDEXA(デキサ)法を使用。(同義語:二重エネルギーX線吸収法)