• 小
  • 中
  • 大
  • 標準
  • 青
  • 黄
  • 黒
診療科・部門のご案内
  • 診察のご案内
  • 診療科・部門のご案内
  • 入院・面会のご案内

放射線科

概要
  外来診療のご案内
  医師のご紹介

これから超音波検査(エコー検査)を受けられる患者様へ

検査にあたって

超音波を体内に送り、その反射波から臓器の大きさや形、内部の性状などを調べる検査です。
超音波は空気を通らない為、ゼリーを塗ってから検査を始めます。
(ゼリーは水を固めたものなので、体に害は有りません。)
乳腺、甲状腺などの表在組織や肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓といった腹部の検査等に適しています。

検査前の準備

腹部の検査の場合は、午前中での検査の場合は朝食を、午後の検査では昼食を食べずにお越し下さい。

食事(ジュースや牛乳も含みます)により胆嚢が縮んでしまい、胆嚢内に異常所見があっても確認できなくなります。又、胃や腸にガスが発生し、お腹全体が確認しづらくなります。

なお、下腹部(子宮、卵巣、前立腺)の検査の場合には、1~2時間前より、膀胱に尿をためておいてください。

甲状腺や頚部、乳腺の検査では、食事の制限はありません。