• 小
  • 中
  • 大
  • 標準
  • 青
  • 黄
  • 黒
診療科・部門のご案内
  • 診察のご案内
  • 診療科・部門のご案内
  • 入院・面会のご案内

リハビリテーション科

概要
  外来診療のご案内
  医師・スタッフ紹介
部門紹介
  院内・院外研修・活動
  求人について

理学療法士部門

地域中核の570床の当院において、急性期に対応した早期からの理学療法を提供しています。各病棟ご入院中はもとより、各種の集中治療室(ICU・HCU・SCU・ECU)在室時より、理学療法士の介入を行っております。
整形外科疾患(脊椎疾患、股関節・膝関節疾患、骨・軟部腫瘍疾患等)、脳神経外科疾患(脳卒中・脳腫瘍・硬膜下血腫・頭部外傷等)、外科疾患(消化器・血管・心臓等)の外科手術に対応した、術前および、術後早期の理学療法の介入を実施し、内科疾患(消化器・呼吸器・循環器・血液)にも早期に介入し、患者様の運動機能、日常生活動作の向上、早期社会復帰に努めております。
また、脳卒中センター、心臓病センターには専用のリハビリ室を設け、病棟での充実したリハビリテーションを提供しております。
当院はがん拠点病院として認可を受けており、リハビリテーション科としてもがんリハビリテーションにも力を入れております。特に食道癌や肺癌においては術前から、評価・訓練指導を実施し、術翌日からのリハビリテーションを行っています。プロトコルをご案内し、それに沿い訓練を実施しています。

前年度疾患割合
前年度疾患割合

作業療法士部門

作業療法とは病気や事故などで身体が不自由になってしまった方に対して日常生活に必要な能力を高める訓練を行っています。
当院の作業療法では脳血管、整形疾患、がん疾患などより幅広い患者様を対象としており、早期より上肢麻痺や筋力低下への訓練、食事動作や更衣動作、排泄動作などの日常生活動作訓練を行っています。また、脳損傷後におこる高次脳機能障害対しても評価・訓練を行い日常生活動作の獲得を目指しています。
特に、脳卒中センター、脊椎・脊髄病センターに入院されている患者さまに対しては専門的なリハビリを行うことで早期退院を目指しています。
市川総合病院では平成18年4月に作業療法部門が開設され現在では3名の作業療法士が勤務しており、患者様やご家族、他部署のスタッフと連携を図り、より安全にリハビリを実施しています。

言語聴覚士部門

特徴

当院の言語聴覚部門では、失語症をはじめとする高次脳機能障害、構音障害、摂食嚥下障害に対する評価・訓練を実施しています。急性期の介入が中心となりますが、患者様やご家族様がよりよい日常生活を送れるよう、コミュニケーションや栄養摂取方法の確立を目指して日々取り組んでいます。特に摂食嚥下障害に対しては、歯科医師を中心とした摂食嚥下チームのメンバーとして、チーム医療を実践しています。また、当院は「口腔がんセンター」が併設されており、再建術を受けられる患者様に対しての介入も行っております。
介入方法は、基本的に1患者様、1セラピストの担当制をとり、各セラピストが責任を持って治療に当たらせて頂いております。

対象領域

  1. 失語症
  2. 失語症以外の高次脳機能障害
  3. 運動障害性構音障害
  4. 器質性構音障害(口腔がん術後)
  5. 摂食嚥下障害
  6. 音声障害(術後合併症に伴うもの)
        *原則として、入院の患者様を対象としております。

依頼診療科別介入実績 H27.1~12

依頼診療科別介入内訳
依頼診療科別介入内訳

検査各種実績 H27.1~12 

*VE・VFについてはSTが立ち会った件数

  • SLTA 18件
  • 運動障害性構音検査 214件
  • RCPM 27件
  • 嚥下内視鏡検査(VE) 232件
  • 嚥下造影検査(VF) 84件

新人教育

部門目標:言語聴覚士としての基本的知識と技術の習得をはかり、患者様およびご家族に対して、適切な介入ができるようにします。また医療人としての心構え、リスク管理などの必要事項を身につけます。

  • 1年間先輩STとペアになり指導を受ける体制です。
  • 年間新人教育研修計画に基づいて、個人に合わせた指導を行っています。
  • 3か月ごとに自己評価と他己評価を実施し、達成項目の確認と問題点の抽出を行い、次のステップの目標が立案されるサイクルを繰り返しながら研修が進められます。
  • 適宜カンファレンスを行い、症例を総合的に治療していけるように指導を行います。
  • 院内においても多数の研修が開催されています。必要に応じて研修へ参加し、言語聴覚部門にとどまらない幅広い知識を身につけます。

求人について

2018年度採用予定
理学療法士・言語聴覚士ともに若干名。