• 小
  • 中
  • 大
  • 標準
  • 青
  • 黄
  • 黒
診療科案内
  • HOME >>
  • 診療科案内 >>
  • 呼吸器外科
東京歯科大市川総合病院サイト

呼吸器外科(リーダー:江口准教授)

江口 圭介

呼吸器外科では、原発性(げんぱつせい)肺がんや転移性肺腫瘍に代表される肺悪性腫瘍、自然気胸(ききょう)、肺嚢胞、縦隔腫瘍(胸の中の左右の肺に挟まれた部分を縦隔(じゅうかく)と呼びます。ここにできた腫瘍の総称です。代表的なものは胸腺腫(きょうせんしゅ)、胸腺がん、嚢腫、奇形腫、神経腫瘍、リンパ腫などです。気管腫瘍、各種の原因による気管・気管支狭窄、胸壁腫瘍、膿胸(のうきょう・肺結核後遺症などによる)、肺良性疾患、胸部外傷などの外科治療を対象にしております。

原発性肺がんの外科治療は呼吸器外科の対象の中心ですが、肺がんは検診などで発見され病院へ受診することが多いと思います。肺がん治療はそれぞれの患者様の状態に合わせた手術、放射線、抗がん剤治療の最適な組み合わせによる計画が必要です。当院ではまず、呼吸器内科で詳しい検査した後に、各科との連携により治療が計画されます。他院で詳しい検査をお受けになった後に当院での手術をご希望の場合は、他院での検査結果をお持ち頂ければ重複した検査を防げます。

手術では病気の安全性と確実な治療効果を第一の目標としておりますが、病巣の状況に応じて、術後の痛みの軽減を考慮した胸腔鏡手術や手術による胸壁の損傷を最小限とする積極的な工夫をしています。