• 小
  • 中
  • 大
  • 標準
  • 青
  • 黄
  • 黒
診療科案内
  • HOME >>
  • 診療科案内 >>
  • 血管外科
東京歯科大市川総合病院サイト

血管外科(リーダー:原田准教授)

血管外科には、以下のような疾患があります。

腕、足、内臓 ・・・ 血管の病気は全身に起こります。

血管外科とは、全身の血管を扱う外科です。
手術を含めて、血管の病気に対する各種治療を行います。

当院血管外科は市川市で唯一の専門科として豊富な症例数を誇り、市川地区のみならず広く市外、東京都内までの血管疾患の患者様を積極的に治療してまいりました。

とくに、動脈閉塞症に対しては積極的なバイパス手術はもちろん、入院日数が少なく患者様への負担の少ないバルン拡張、ステント留置などの血管内治療(カテーテル治療)を導入し、またはバイパス手術と同時に行い、良い成績を上げております。

腹部・骨盤動脈瘤にはなるべく小さな傷での手術を心がけ、患者様に早く安全にお帰りいただくよう心がけております。

また2008年より当院は、腹部大動脈ステントグラフト実施施設に認定され、ステントグラフト手術を開始いたしました。これにより、これまで大きな手術であった腹部大動脈瘤治療が、短期入院にてカテーテルで可能となりました。

2010年になり関連10学会構成ステントグラフト実施基準管理委員会より、国内でも有数の、指導医の常勤するステントグラフト実施施設として認定され、県下トップクラスの症例数と成績を誇っております。
下肢静脈瘤に対しては、小さく少ない傷で仕上がりもご満足いただけるよう、美容面にも配慮した高度な手術を短期入院、または日帰り手術にて行っております。

また、透析患者様の命綱である内シャント手術は近隣よりの困難例も積極的に受けいれその成績もきわめて良好です。

手術例以外にも、静脈血栓症やリンパ浮腫などの診断治療、慢性皮膚潰瘍の治療など広く行っております。

血管外科年間手術症例数

当科は県下でも有数の手術症例数を有しております。
特に近年は、血管内手術(ステントグラフト含む)が急増しているのが特徴です。

血管外来について

外来受付:毎週水曜日 午前中(受付は11時まで)

初診時は、少しお待ちいただくこともございます。申し訳ありませんがご了承のうえ、お時間に余裕を持ってお越しください。次回外来からは予約制となります。

ただし、緊急時は外来診療時間以外でも随時受け付けますので、お電話でお問い合わせください。