本文へ

【全・市川】logo

  • 標準

【全・市川】tel

047-322-0151(代表)

H1

耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科メニュー

コンテンツ

概要

耳鼻咽喉科は、聴覚、平衡覚、嗅覚、味覚といった感覚機能とともに呼吸、嚥下、発声といった人間にとって必須の機能に関する各種疾患を対象としています。そのため外来診療においては急性扁桃炎や慢性副鼻腔炎などの上気道炎症性疾患から眩暈、難聴などの神経耳科的疾患、さらには声帯ポリープなどの喉頭疾患、頭頸部腫瘍などの腫瘍性疾患まで幅広く対応しています。そのうえで地域の基幹病院として周辺地域医療機関との連携を積極的に行っており、手術が必要な患者さんにはより高度な医療が提供できるよう体制を整えています。

施設認定

  • 日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設
  • 日本鼻科学会鼻科手術認可研修施設
  • 日本アレルギー学会アレルギー専門医教育研修施設
  • 日本睡眠学会認定施設

主な対象疾患

鼻副鼻腔疾患
慢性副鼻腔炎、歯性上顎洞炎、鼻中隔弯曲症、鼻骨変形治癒骨折、副鼻腔嚢胞、副鼻腔良性腫瘍、眼窩吹き抜け骨折、難治性鼻出血、鼻アレルギー

睡眠時無呼吸症候群
睡眠専門技師による終夜睡眠ポリグラフ検査を行い、それぞれの患者さんにとってCPAP療法、口腔内装置(歯科口腔外科にてマウスピースを作製)、手術療法(口蓋垂軟口蓋咽頭形成術、鼻中隔矯正術、下鼻甲介粘膜切除術)のどの治療が最良かを検討します。
※詳しくは耳鼻咽喉科いびき無呼吸専門外来ホームページをご覧下さい。

咽喉頭疾患
急性・慢性扁桃炎、アデノイド肥大症、唾石症、声帯ポリープ

耳科疾患
急性・慢性中耳炎、中耳真珠腫、滲出性中耳炎、小児の反復性・難治性中耳炎、顔面神経麻痺、突発性難聴、めまい症などの神経耳科的疾患

頭頸部疾患
顎下腺・耳下腺・舌下腺などの唾液腺腫瘍、甲状腺腫瘍、頸部嚢胞、ガマ腫

特色

専門外来としては、日本鼻科学会鼻科手術暫定指導医による鼻副鼻腔外来、睡眠専門医による睡眠専門外来、喉頭を専門とする医師による喉頭専門外来を行っています。鼻副鼻腔疾患に対する治療では、難治性とされる好酸球性副鼻腔炎に対しましても、多くの症例が保存的治療および手術的治療によりコントロール良好とすることが出来ております。睡眠時無呼吸症に対する治療では、睡眠専門技師による終夜睡眠ポリグラフ検査、他科と共に行うカンファレンスを毎週施行しており、それぞれの患者さんにとってどの治療が最良かを判断し、加療のマネジメントを行っています。
手術日は月・木曜日となっています。鼻科手術においては手術部位確認のためのナビゲーションシステムが導入され、安全でスピーディーな手術が可能となりました。また以前は治療できなかった外傷性の鼻中隔弯曲症や外鼻変形症に対しても治療できるようになりました。そして術後は、ガーゼタンポンを挿入しない形式になり、苦痛が軽減されたことから術後2日で退院する短期滞在手術が可能となっております。鼻科手術認可研修施設(千葉県内では3施設)としてより安全確実に手術を行っています。その他、慢性扁桃炎に対する扁桃摘出術、中耳炎に対する鼓室形成術、声帯疾患に対する手術、頭頸部良性腫瘍に対する手術も行っています。頸部悪性腫瘍に対しては、専門施設と連携をとり治療を行っています。