• 小
  • 中
  • 大
  • 標準
  • 青
  • 黄
  • 黒
診療科・部門のご案内
  • 診察のご案内
  • 診療科・部門のご案内
  • 入院・面会のご案内

心臓血管外科
外部サイト

概要
  外来診療のご案内
  医師のご紹介
手術等をお受けになる患者様へ
 
 

概要

2004年4月に千葉県市川市で初となる心臓血管外科として誕生しました。以来、心臓病センターとして循環器内科と万全の協力体制を敷き、経験豊かなスタッフが一致団結して最新かつ安全で良質の心臓血管外科医療を提供しています。

施設認定

  • 心臓血管外科専門医認定修練基幹施設
  • 胸部大動脈ステントグラフト実施施設

主な対象疾患

虚血性心疾患
冠動脈バイパス術、虚血性心筋症に対する左室形成術、心筋梗塞機械的合併症に対する外科手術など

心臓弁膜症
弁形成術、人工弁置換術、心房細動手術など

大動脈疾患
急性大動脈解離に対する人工血管置換術、胸部大動脈瘤手術、胸部大動脈ステント治療など

その他
ペースメーカー植込み術、成人先天性心疾患手術、心臓腫瘍、慢性心膜炎など

特色

冠動脈バイパス術では動脈グラフトを積極的に使用し、完全血行再建術を行っています。また、オンポンプ手術とオフポンプ手術を適切に使い分けています。虚血性心筋症や左心室瘤などの拡大した左心室に対して、正常形態の回復を目的とした左室形成術を積極的に取り入れています。

心臓弁膜症では自己弁を温存する弁形成術を可及的に行い、それが困難な場合には人工弁置換術を行っています。心房細動を合併している場合には、必要に応じて除細動手術を加えています。心臓専属ME(臨床工学士)を2名配し、急性大動脈解離、急性心筋梗塞合併症などの緊急手術にも迅速に対応できる体制のもとに、世界的に認知されているエビデンスに基づいた「世界標準の治療」を行うことを基本方針としています。 手術成績は全国集計をはるかに上回っています。