本文へ

東京歯科大学東京歯科大学短期大学

【全:大学日】ヘッドボタン

  • お問い合わせ
  • ENGLISH

ページタイトル

微生物学講座

微生物学講座

微生物学講座

講座・研究室紹介イメージ

講座・研究室紹介イメージ

口腔には、700種にも及ぶ細菌が存在し複雑な生態系を形成しています。これらの細菌は、常在菌としてヒトと共生していますが、その菌種組成の変化は、う蝕や歯周病のような口の中の病気の発症に関わります。微生物学講座では、口腔の2大疾患のうち歯周病に焦点を絞り、その原因となる細菌がどのようなメカニズムによって歯周炎を引き起こすのか、どのようにしたらその予防が可能なのかについて解析を行い、歯周炎の撲滅を目指しています。これに加え、近年、歯周炎の病原体が口腔のみならず、心血管系疾患、誤嚥性肺炎、糖尿病、低体重児出産等の口腔以外へも影響を与えていることが報告されています。そのためわれわれは、歯周病原性菌の病原性解析から、歯周病原性菌とこれらの疾患の間の関連についても解析を行い、口腔疾患予防からの全身の健康への貢献を試みています。

教育

微生物学講座では、病原体の特性、生体防御の仕組みに焦点をあて、一般感染症、口腔感染症についての講義・実習を行っています。一般感染症については、病原体のがどのように病気を引き起こすのか、さらにそれに対し我々の体がそれに対してどのように防御をしているのかについて講義しています。口腔感染症については、非常に多種の菌が存在する口腔細菌叢の特異性、口腔環境の特異性を理解し、その中でどのようにう蝕や歯周病等の口腔疾患が発症するのかについて実習・講義を通して理解してもらうことを目標としています。これらの講義・実習により歯科医師に必要な感染症についての知識を充分に学習してもらい、up to dateな感染防御法、感染症に対する対処法を理解し、口腔疾患の予防および処置のための十分な能力を身につけ、さらには世界的視野で歯科医学を牽引できるような歯科医師養成を目指しています。

研究

研究内容イメージ

歯周病は壮年期以降のヒトの罹患率が高く、感染者数が最大ということでギネスブックにも載った感染症です。しかし、口腔内には健常時から非常に多種の細菌が存在しているため、その病因の詳細は未だ明らかにされていません。微生物学講座では、歯周炎の病因について、メタゲノム解析による歯周炎病巣の細菌種の網羅的解析からのアプローチと、歯周病原性菌の持つ病原因子の解析からのアプローチを行うことによって歯周炎発症メカニズムの解明を試みています。さらに最近、歯周病原性細菌の心血管系疾患、糖尿病、誤嚥性肺炎といった疾患への関与が注目されていますが、この関わりについても歯周病原性細菌の作用という点から、歯周炎が全身の健康に与える影響について解析を行っています。 これらの解析結果を基に、歯周炎の予防法の確立および口からの健康長寿への寄与を目標とし研究を行っています。

スタッフ

スタッフイメージ

名誉教授 高添 一郎
奥田 克爾
教授 石原 和幸
講師 柴山 和子
国分 栄仁
助教 菊池 有一郎
研究補助員 喜田 友美