本文へ

東京歯科大学東京歯科大学短期大学

【全:大学日】ヘッドボタン

  • 歯学部オープンキャンパス日程
  • 歯学部学生ポータルサイト
  • お問い合わせ

ページタイトル

オーラルメディシン・病院歯科学講座

オーラルメディシン・病院歯科学講座

オーラルメディシン・病院歯科学講座

講座・研究イメージ

オーラルメディシン・病院歯科学講座は、40年の歴史を有するオーラルメディシン講座の伝統と歴史を継承しており、地域包括医療における病院歯科の機能と多職種連携を強化し、市川総合病院における歯科医療の一層の充実を目的として2020年4月に改名・設立されました。オーラルメディシンは主に診断学を基盤とした「口腔内科学」ですが、口腔疾患だけに目を向けるのではなく、患者の全身的・医学的背景を考慮した診断と治療を目的としています。超高齢社会を向かえた我が国において、複数の医科基礎疾患を有する歯科患者の増加に伴い、口腔内科学を基盤とした歯科医療のニーズは年々増加しています。本講座は、市川総合病院という最先端医療の恵まれた環境において、医科歯科連携はもちろん、多職種との連携も密にとりながら多様化する患者ニーズに応え、歯科医療を通して国民の健康増進に寄与することをモットーに講座員一同取り組んでいます。

教育

教育内容イメージ

教育内容イメージ

オーラルメディシン学は単に口腔内の疾患に注目するのではなく、大局的な視点から疾患を捉え、患者の全身的・医学的背景を考慮した診断と治療を行う学問です。
[卒前教育]
 第4学年のオーラルメディシン学では、口腔腫瘍外科学講座と協力して口腔内科学を軸に、全身疾患と口腔疾患との関連性、有病者・障がい者の歯科治療と全身管理、摂食嚥下リハビリテーション、周術期口腔機能管理、多職種連携とチーム医療などに関する教育を担当しています。第5学年の臨床実習では、前期は医科診療科による隣接医学実習、後期は外来・病棟での病院歯科実習を実施しています。また、スキルスラボを利用して実際の臨床を想定した高度シミュレーター教育も行っています。
[卒後教育]
 卒後臨床研修では、全身疾患や障害を有する患者に対して安心・安全で質の高い歯科医療の提供と地域包括医療での多職種連携において口腔衛生管理の専門家としての役割を果たすための臨床能力を修得する研修プログラムを提供しています。更に高い専門性の修得を希望する歯科医師に対しては、大学院、臨床専門専修科生としてのキャリアプランを提供しています。また、市川総合病院は日本口腔外科学会、日本歯科麻酔学会、日本老年歯科医学会など様々な学会の指導施設に認定されており、各種関連学会の認定医、専門医を取得するためのプログラムも提供しています。

研究

研究内容イメージ

研究内容イメージ

 本講座では、病院歯科としての特長を活かした様々な基礎・臨床研究を行っています。
[主な研究内容]
・精神鎮静薬の生体機能に与える影響に関する研究
・急性期脳卒中患者における嚥下障害の病態および口腔管理法に関する研究
・う蝕病原菌と脳卒中リスクの関連性に関する研究
・周術期口腔機能管理の効果と標準的手法に関する研究
・摂食・嚥下障害への歯科的アプローチに関する研究
・サルコペニアと口腔機能障害に関する研究
・舌がん術後症例の摂食嚥下障害の診断と治療に関する研究
・顎顔面欠損患者の機能障害に対する診断と治療に関する研究
・難治性粘膜疾患(特に口腔扁平苔癬・口腔扁平苔癬様病変)に関する研究
・睡眠時無呼吸に関する研究
など

臨床

臨床イメージ

臨床イメージ

 病院歯科の業務内容は歯科・口腔外科を基盤とはするものの、有病者歯科、障がい者歯科、周術期口腔機能管理、摂食嚥下リハビリテーション、ペインクリニック、地域歯科診療所の後方支援、多職種協働とその連携役など多岐にわたっています。すべての患者様に安全かつ安心で質の高い歯科医療を提供するために講座員が一丸となって日々の診療にあたっています。
 また、市川総合病院併設の口腔がんセンターとも共同して、手術後に顎や舌を切除した患者さんに対して、特殊な義歯(顎義歯)や口腔内装置(舌接触補助床)などを用いた機能回復治療も行っています。
[主な診療分野]
オーラルメディシン
有病者歯科
障がい者歯科
歯科・口腔外科
摂食嚥下リハビリテーション
顎補綴
周術期口腔機能管理
睡眠呼吸障害治療
口腔インプラント
など

スタッフ

 
教授松浦 信幸
講師酒井 克彦
中島 純子
助教吉田 佳史
レジデント森田 奈那
本田 健太郎
小松 万純