本文へ

東京歯科大学東京歯科大学短期大学

【全:大学日】ヘッドボタン

  • 歯学部オープンキャンパス日程
  • お問い合わせ
  • ENGLISH

ページタイトル

口腔顎顔面外科学講座

口腔顎顔面外科学講座

口腔顎顔面外科学講座

講座・研究イメージ

講座・研究イメージ

 1923年に遠藤至六郎先生が開設されて以来、多くの優れた人材を輩出してきました。そして、2015年4月に90年以上脈々と続いた「口腔外科学講座」から「口腔顎顔面外科学講座」に名称を変更し、口腔顎顔面領域における高い専門性と特殊性をより充実させ、幅広く対応できる講座へと新たに生まれ変わりました。
 水道橋校舎・水道橋病院と千葉歯科医療センター口腔外科、さらに市川総合病院口腔がんセンターにも医局員を配置しており、3病院において教育、研究、臨床に多岐にわたり活動しています。それぞれの施設で病診連携を密にし、地域歯科医療のニーズに応えるよう、研究では様々な研究施設や講座と共同で先端の研究を行い、教育においては学生や臨床研修歯科医に対して口腔外科の基礎的知識や全身管理を習得することだけでなく、個々の能力を最大限に伸ばせるよう講座員が日々切磋琢磨しています。

教育

教育内容イメージ

教育内容イメージ

 口腔外科領域の対象疾患は、先天異常、損傷、炎症、腫瘍、嚢胞や口腔粘膜疾患、唾液腺疾患、顎関節疾患など多岐にわたります。口腔顎顔面外科学講座では、口腔外科学の知識、技術を習得し応用できる能力を持った歯科医師の育成を教育目標としています。
●学生教育
 講義、臨床基礎実習では疾病の基本概念および各疾患の特徴について学び、病院臨床実習では実際の臨床症例についてのディスカッションを多用し、治療計画の立案など診療の進め方について理解できるようにしています。
●大学院生教育
 一年次は水道橋校舎にて研鑽を積み、二年次より水道橋または関連施設へ配属され研究を開始し、臨床を行いながら論文の作成を行っている。日本口腔外科学会専門医を目指した講座員の育成を主目的とする。
また、本大学は歯学部として初めて文部科学省認定のがんプロフェッショナル養成プランに平成19年度に選定されている。このプログラムを希望した大学院生は、がん専門医を目指した長期的な臨床、教育、研究を行うことができる。
●レジデント教育
 大学院生、レジデントは共に指導医下に口腔外科の基本理念を習得し、日本口腔外科学会認定医を目標として口腔外科医としての研鑽を積む。

研究

研究内容イメージ

研究内容イメージ

 当講座の主な研究テーマは、口腔外科領域発展においても重要なテーマとなっています。

1.口腔悪性腫瘍の診断と治療に関する臨床および実験的研究、遺伝子診断
2.顎顔面の機能・形態の再建に関する臨床および基礎研究
(微小血管外科、神経移植および人工神経、BMP、人工骨、顎顔面インプラント)
3.先天奇形(口唇裂・口蓋裂)に関する基礎研究(遺伝子解析を含む)、臨床研究
4.顎変形症(顎発育異常を含む)に関する基礎研究(遺伝子解析を含む)、臨床研究
5.顎関節疾患に関する臨床研究
6.神経傷害の再生に関する臨床および基礎研究

臨床

臨床イメージ

臨床イメージ

 当講座では、Oral infectionのコントロール、失われた口腔機能の再建を基盤として水道橋病院と千葉歯科医療センターで、口腔癌、顎変形症、口唇裂・口蓋裂の専門分野や顎関節疾患、外傷、炎症など口腔顔面領域における様々な疾患の治療を行っています。水道橋病院の主な手術症例は、顎変形症 約200症例/年、口腔癌 約20症例/年、唇顎口蓋裂 約15症例/年です。
 水道橋病院では、顎変形症患者の治療を主軸に千葉歯科医療センターや他の施設で研鑽を積んだ講座員を配置し、口腔腫瘍や唇顎口蓋裂などの治療にあたっています。
 また一部の講座員は、口腔癌の治療に特化した市川総合病院口腔がんセンターに出向し、専門性の高いスキルの習得も行っています。その他に東海大学医学部附属病院、信州大学医学部附属病院、東京都立大塚病院、東京都立多摩総合医療センター、高崎総合医療センター、亀田総合病院、みつわ台総合病院などに出向し、口腔顎顔面に限らず医科分野の知識習得をし、高い倫理観を備えた口腔外科医の育成にも力を入れています。

スタッフ

教授柴原 孝彦
准教授髙野 正行
髙木 多加志
講師山本 信治
成田 真人
渡邊 章
恩田 健志
助教吉田 秀児
大野 啓介
森川 貴迪
加藤 宏
重野 健一郎
レジデント渡邉 美貴
小石沢 理央
新行内 恵
有泉 高晴
渡邊 豪士
住吉 美咲
専修科生濱田 裕嗣
阿部 江美子
曽根 嘉人
村松 賢太郎