本文へ

東京歯科大学 短期大学

【全:短大】設置認可申請中

     
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • 在学生の方へ

ページタイトル

学生生活

水道橋施設

水道橋キャンパスの施設

建物名 水道橋校舎(本館) 水道橋校舎(本館西棟)
階数 地下2階 地上14階 地下1階 地上5階

講義室等

講義室、図書室、演習室、実験・実習室

講義室

建物名 室名 収容人員
水道橋校舎(本館)
14階
第1教室 50
第2教室 50
第3教室 50
水道橋校舎(本館)
13階(大学と共用)
第1講義室 240
第2講義室 150
第3講義室 81

実験・実習室

建物名 室名 収容人員
水道橋校舎(本館)14階
実験室 56
水道橋校舎(本館西棟)
実習室

図書室(大学と共用)

建物名 室名 収容人員
水道橋校舎(本館) 閲覧室 37
個室 6
グループ学習室 12
水道橋校舎(新館) 閲覧室 34
自習室 47
さいかち坂校舎 閲覧室 20
グループ学習室1
グループ学習室2

演習室(大学と共用)

建物名 室名 室数 収容人員(1室平均)
水道橋校舎(本館) セミナー室 10

エディタV2

課外活動

短大独自のクラブ活動は行われていないが、東京歯科大学のクラブ活動に参加することができる。東京歯科大学千葉キャンパス内に体育館、部室合宿棟、グラウンド、テニスコート等が整備されている。東京歯科大学で現在活動しているクラブは以下の通りである。

運動部

柔道部/空手道部/剣道部/少林寺拳法部/弓道部/卓球部/バスケットボール部/バレーボール部/バドミントン部/ボウリング部/硬式野球部/ サッカー部/ラグビー部/硬式庭球部/軟式庭球部/ゴルフ部/陸上競技部/山岳部/ワンダーフォーゲル部/スキー部/ アイススケート部/自動車部/水泳部/ヨット部/サーフィン部/フットサル部/ダンス部

文化部

混声合唱部/管弦楽部/茶道部/写真部/美術部白堊会/M.L.S/自然愛好会/コンピュータ部/演劇部/ Big Band Jazz部/国際医療研究会/模型研究会(同好会)

厚生・課外活動施設

厚生・課外活動施設

学生たちにとって、毎日のキャンパスライフは重要な意味をもっている。学びやすく、過ごしやすく、満足感の広がる空間づくりこそが今求められている。このような考え方を具現化し、若い向学心に充分応えられる環境と施設・設備を整えている。課外活動において、千葉キャンパス内の体育館、合宿棟、グラウンド、テニスコート、厚生棟など快適で、実りある確かな空間が学生生活を支えている。また、水道橋キャンパス内にはラウンジを各棟に置き、学生の談話や自主学習スペースとして活用されている。

奨学金

奨学金制度

本学では、学生生活を経済的に援助することを目的とした独自の奨学金制度として、学資の一部を給付する「東京歯科大学短期大学特別奨学金」や学資の一部を貸与する「東京歯科大学短期大学貸与奨学金」、 そのほかには、提携学資ローン借入利息の一部を補給(給付)する「東京歯科大学短期大学利子補給奨学金」制度を設けている。

特別奨学金制度

学業・人物が優れている者に学資の一部を給付し、優秀な人材を育成することを目的とした制度で、若干名に給付される制度。

貸与奨学金制度

経済的理由(学費支弁者の事故等)により修学が困難な学生に所定の金額を貸与する制度。

利子補給奨学金制度

提携学資ローン利用者を対象とし、本学で定める規定条件を満たす場合は、在学中に発生したローン借入利息の一部を補給(給付)する制度。

日本学生支援機構奨学金

日本学生支援機構奨学金は、経済的理由で修学が困難な優れた学生に学資の貸与を行い、また、経済・社会情勢等を踏まえ、学生等が安心して学べるよう、「貸与」または「給付」する制度。

健康・安全管理体制

健康・安全管理体制

本学では毎年、学生の健康保持・増進のため学校保健安全法で定められた定期健康診断を実施し、さらに保健安全管理委員会において学生の健康管理に十分に注意をはらい速やかに対応をしている。また体調の悪い学生は本学の附属施設で受診できる体制が整っており、病気、怪我、事故等の対応ができるようになっている。入学から卒業まで、学生生活を充実して送れるような健康管理体制をとっており、その対応もきめ細かく配慮されている。

進路支援

卒業後の進路支援

歯科衛生士は、これからの日本の健康を支える歯科医療職(国家資格)として、活躍が期待されている。従来の歯科医院や歯科診療所に加え、病院で活躍する歯科衛生士が増えており、歯科衛生士の求人数は年々増加している。本学では、附属の3施設のみならず、他の大学病院や開業医から多数の求人があり、学生が閲覧できる体制を整えている。
また、本学は、2020年4月より専攻科を設置している。本専攻科は、大学教育に相当する水準を有する教育を行っていると、独立行政法人大学改革支援・学位授与機構より認定専攻科として認定された。
専攻科では、歯科衛生学科卒業後、1年間の学修による単位を修得し、独立行政法人大学改革支援・学位授与機構の学位審査に合格すると、4年制大学卒業と同等の「学士(口腔保健学)」が授与される。学位を取得することにより、大学院への進学、高等教育機関や公的機関で活躍できる道が広がっている。
本学では、就職を希望する者に対しては、個々に合わせた支援を行うとともに、3年間の歯科衛生学科で学修した歯科衛生学の学びをさらに深められる環境を整備している。