本文へ

東京歯科大学東京歯科大学短期大学

【全:大学日】ヘッドボタン

  • お問い合わせ
  • ENGLISH

ページタイトル

衛生学講座

衛生学講座

衛生学講座

講座・研究室紹介イメージ

衛生学講座が研究室として正式に誕生したのは、昭和28(1953)年4月です。この時の名称は衛生学・口腔衛生学研究室でした。その後、昭和33(1958)年3月に大学院が設置され、衛生学講座として上田喜一主任教授と竹内光春教授が就任しました。さらに昭和37(1962)年に口腔衛生学講座が衛生学講座より独立して創設されました(竹内光春主任教授)。その後、衛生学講座は西村正雄教授が、口腔衛生学講座は高江洲義矩教授が主任教授を引き継ぎましたが、平成 3(1991)年4月から2講座が再統合し、現在の衛生学講座(高江洲義矩主任教授)となり、平成13(2001)年に松久保 隆主任教授、平成26(2014)年より杉原直樹主任教授が講座を運営しています。現在は、教授2名、講師1名、歯科衛生士1名、大学院生4名と山中すみへ客員教授、吉野浩一客員准教授、鏡 宣昭、高久 悟、橋本雅範、田邉吉彦、高柳篤史、村松康子、立野真理子の7名の非常勤講師で、教育、研究、社会活動にあたっています。

 

教育

本講座が担当する衛生学・口腔衛生学は衛生統計学、公衆衛生学および予防歯科学の臨床教育までをも含む広学問領域でもあることから、知識教育の比重が非常に大きくなっています。しかしながら、6年間を通した縦断的な教育の実践や効果的・効率的な講義実習を実施することにより、知識だけでなく、自分で考え自分で行動できる問題解決能力を兼ね備えた人材の育成を目指しています。そして、地域を評価する目を養い、さらには地域の歯科医師会や学校歯科医などの地域保健活動のリーダーとして関与できる歯科医師の育成に取り組んでいます。 主な学生教育としては、衛生学講義・実習(第3学年前期・後期)、口腔衛生学講義・実習(第3学年後期、第4学年前期)であり、その他に第1学年の情報科学入門、第5学年の臨床基礎講義、第6学年の総合講義を担当しています。また大学院教育では、医療統計学および疫学についての教育の他に、EBM教育を実施しています。臨床疫学教育により、臨床判断能力の確立や臨床疫学研究論文作成についてのサポートを行い、グローバルに活躍できる臨床医、研究者および認定医・専門医の養成に寄与したいと考えています。本講座は日本口腔衛生学会認定医研修機関および日本老年歯科医学会専門医研修施設でもあります。

 

研究

研究内容イメージ

衛生学講座では現在3本の研究の柱を立てています。まず第一が疫学研究です。疫学研究は衛生学・口腔衛生学分野で最も基本となる学問です。フィールド調査による分析疫学研究、地域集団(学校、職域および高齢者)を対象とした地域研究、さらに患者様を対象とした臨床疫学分野への展開に加え、エビデンスを確立するためのランダム化比較試験まで幅広く研究を行っています。2つ目は応用研究、とくに独自の評価系の技術を持った研究の展開です。現在行っているのは、予防歯科学分野において最もベーシックなフッ化物応用に関する研究であり、微量拡散法と水蒸気蒸留法を用いたフッ化物濃度測定方法の検討から始まり、フッ素の1日摂取量を求める目的で、食品中フッ化物含有量の測定を行っています。最後に新しい基礎研究分野の開拓を目指した研究です。現在、時計遺伝子のメカニズムについての研究に着手しており、概日リズム(サーカディアンリズム)について、その中の、とくに時計遺伝子に着目して、人の唾液分泌の日内変動(概日リズム)メカニズムを解明する研究を進めています。

スタッフ

教授 杉原 直樹
教授 眞木 吉信
講師 石塚 洋一
歯科衛生士 今井 光枝
大学院4年生 佐藤 涼一
大学院2年生 鈴木 誠太郎
大学院1年生(社会人) 江口 貴子
大学院1年生 小野瀬 祐紀