本文へ

東京歯科大学東京歯科大学短期大学

【全:大学日】ヘッドボタン

  • お問い合わせ
  • ENGLISH

ページタイトル

歯科医学教育開発センター

コンテンツ

概要

教育に関する共同研究
教育に関する共同研究

コンピュータ試験の出題画面(特色GP)
コンピュータ試験の出題画面
(特色GP)

e-Learningプログラムのトピック画面(現代GP)
e-Learningプログラムの
トピック画面(現代GP)

東京歯科大学歯科医学教育開発センターは、歯科医学教育に関する教育内容および教育方法の研究・開発により、歯科医学教育の発展に寄与することを目的に2005年10月1日に設立された。主任(併任)、教授(併任)1名、客員教授1名、講師(専任)1名、事務員1名で構成され、学内の各講座・研究室より選出されたワーキンググループメンバーと連携を図り事業を展開している。
歯科医学教育開発センターは、文部科学省の平成17年度「特色ある大学教育支援プログラム」に採択された『特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)』と『現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)』の継続的推進、歯科医学教育方法や教育システムの研究・開発、試験問題のデーターベース化、教員のFD活動推進・支援、学生への教育方法の改善および学習支援、入学から卒業までの学生成績の管理分析(IR部門)などを担っている。特に試験問題のデーターベース化においては、システムの構築、教員の適切な問題作成能力の向上の支援、問題のブラッシュアップ等の運営を担っている。
本学は、歯科医学教育開発センター設立のきっかけとなった「特色ある大学教育支援プログラム」への採択に続き、平成21年度から文部科学省の「大学教育学生支援推進事業」大学教育推進プログラムに『個々の患者ニーズに応えられる歯科医師養成』という取り組みが採択された。また、平成26年度から同省の「課題解決型高度医療人材要請プログラム」に『健康長寿社会の実現に貢献する歯科医療人要請』という取り組みが採択された。本学では本学の教育への協力に賛同くださる地域の人々で構成された『ペイシェント・コミュニティー<p-com>』と呼ばれる会が組織されている。P-Comのメンバーにコミュニケーション学にご参加いただき、学生へ直接感じたことをお話しいただくことで、従来の歯科医学教育では成し得なかった「よりリアルな教育」が可能となっている。このプログラム推進も本センターの重要な活動の一つとなっている。