本文へ

東京歯科大学東京歯科大学短期大学

【全:大学日】ヘッドボタン

  • お問い合わせ
  • ENGLISH

ページタイトル

歯科医学教育開発センター

コンテンツ

概要

教育に関する共同研究
教育に関する共同研究

コンピュータ試験の出題画面(特色GP)
コンピュータ試験の出題画面
(特色GP)

e-Learningプログラムのトピック画面(現代GP)
e-Learningプログラムの
トピック画面(現代GP)

東京歯科大学歯科医学教育開発センターは歯科医学教育に関する教育内容、教育方法の研究・開発を行うことにより、歯科医学教育の発展に寄与することを目的に、平成17年10月1日に設立された。センターの構成員は、主任(併任)と助教(専任)1名、事務員3名(派遣)であるが、ほとんどの講座、研究室から選ばれた学内の教員で構成されているワーキンググループメンバーの支援で大きな事業を展開している。
歯科医学教育開発センターの役割は、このセンターの設立のきっかけとなった、文部科学省の大学教育改革の支援で採択された、『特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)』と『現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)』の推進、歯科医学教育方法、教育システムの研究・開発、試験問題データーベースの構築、教員のFD活動の推進・支援、学生の教育方法の改善、学習支援などがあげられる。その中で最も重要な業務として挙げられるのが、試験問題のデーターベース化である。そのためのコンピュータシステムの構築、試験問題作成能力向上のための支援、ブラッシュアップの運営の中心的部門である。良質な問題によって学生は正当にかつ公平に評価されると考えている。また、教員に対しては、教育で使用するコンテンツの作成支援、授業方法の改善、教育に関する共同研究、他大学との遠隔授業の開催、新規教材授業方法の導入などの支援を行っている。また学生には、データ検索、情報機器のスキルアップ支援、学習方法の相談をうけるなど、東京歯科大学の教育の中心的部門としての役割を担う部門である。
平成21年度から「個々の患者ニーズに応えられる歯科医師養成」という取り組みが、新たに文部科学省の「大学教育・学生支援推進事業」大学教育推進プログラムに採択された。全学的な取り組みであるが、このプログラム推進の活動が今センターの重要な活動の一つとなっている。この取り組みの目的は、「安心・信頼して診療を任せられる、歯科医師としての人間力を身につけ、卒業時には、患者の社会的背景、複数の疾患、年齢、患者周囲の状況などを配慮した総合診療計画が立案できる、社会が求める歯科医師を養成する」ことである。