本文へ

東京歯科大学東京歯科大学短期大学

【全:大学日】ヘッドボタン

  • お問い合わせ
  • ENGLISH

ページタイトル

理事長・学長挨拶

理事長・学長挨拶:学長挨拶

学長写真

歯学の発展に向けて新たなステージへ

理事長・学長 井出 吉信

2010年に東京歯科大学は創立120周年を迎えました。1890年に髙山歯科医学院の創立に始まる本学は、本邦最初の歯科医学教育機関として、一世紀を優に超えて国民の歯科医療を支える歯科医学の発展に寄与してきました。19世紀から21世紀へと、3世紀にわたって培ってきた確かな実績は、常にわが国の歯科医学・歯科医療を牽引し、新しい知識と技術を学生に教育し、最新の医療を提供することで、国民から信頼される歯科医学教育機関としての使命を実践していると考えております。

21世紀初頭において、医学・歯科医学分野の進歩はめざましく、特に再生医学・再生医療分野の進歩は、将来の医療に新たな希望をもたらす医療の大変革となるでしょう。そして、わが国は超高齢社会を迎え、高齢者人口が増加しています。高齢者の健やかな生活を支援するためには、口腔内の衛生状態の維持・改善を行うことや、全身的な状態を診ながら口腔機能の維持や回復が重要になっています。つまり、歯科医療において、歯科疾患・口腔疾患を全身疾患との関係性から診断・治療ができる知識と技術が歯科医師に求められています。

その上に、社会全体および大学自体にもグローバル化が望まれている現在、歯科大学の使命として国際的に活躍できる歯科医師を養成していかなければなりません。本学では、これまでに培ってきた海外姉妹校との学術・研究面における交流をさらに活発化させ、教員のみならず学生の海外研修機会を広げ、在学中から国際的視野を養えるようなプログラムを構築しています。その一環として、社会から求められる高度な教育と医療の質を持って活躍できる歯科医師を育成すべく、Elective Study制度を本年度からスタートさせました。さらに、建学の精神である「歯科医師たる前に人間たれ」に基づく教育理念によって、歯科医師としての知識や技術だけでなく、社会性を身につけ、人間的に優れた良識豊かな歯科医師を養成する「ヒューマニズム」を尊重した歯科大学であり続けることを目指しています。

創立以来、わが国最古の歯科医学教育機関として歴史と伝統を継承してきましたが、120周年を節目として本学伝統の地である東京・水道橋にメインキャンパスを移し、次なるステージへと新たにスタートいたします。本学の3キャンパスが一体となってこれまでに培ってきた実績と、今後はさらに他大学・医療機関等との連携・協力体制を推進し、歯科医学・歯科医療をさらに発展させることにより、最先端の教育と医療をもって社会に貢献できる確かな基盤を構築できると考えております。