本文へ

東京歯科大学東京歯科大学短期大学

【全:大学日】ヘッドボタン

  • お問い合わせ
  • ENGLISH

ページタイトル

歯科矯正学講座

歯科矯正学講座:ボタン

歯科矯正学講座

歯科矯正学講座

講座・研究イメージ

歯科矯正学講座は、1914年に初代教授の榎本美彦先生が日本最初の矯正歯科臨床教育を開始されて以来、100年以上の歴史と伝統があります。また、1975年には米国システムを取り入れた卒後研修課程が設立され、多くの優秀な矯正専門医を輩出してきました。また近年では、University of Southern California 矯正学講座との短期交換留学制度を設け、最新の米国矯正治療に触れることができる様になりました。卒後も同窓会との密接な連携により生涯教育の充実も図られております。当講座は、臨床教育の最前線として内外で高い評価を受けております。

 

教育

教育内容イメージ

教育内容イメージ

歯科矯正学は、第3学年前期より第4学年後期にかけて講義およびチュートリアルの授業を行います。。これに加えて、第4学年前期には臨床基礎実習を行い、第5学年では臨床実習を実施します。本講座の教育の特徴として、講義聴講形式の受動的学習だけでなく、10人以下の学生に対して1名以上の教員および非常勤講師を配置した学生の自主性や積極性を求めたチュートリアル形式の能動的授業が20年以上も前から年々ブラッシュアップされて実施されております。臨床基礎実習では、セファロ分析実習・ワイヤーベンディング実習・舌側弧線装置作製・アクチバトールの作製・タイポドント実習など、矯正臨床における基本的技能面の習得についても指導を行っております。第5学年の臨床実習では、矯正歯科治療の介補につくことで治療の流れについて理解を深め、自身を症例に見立てて資料採取し自己分析を行うことで、矯正歯科における治療方針の立案ができるよう教育を行っております。
さらに、本講座は、日本矯正歯科学会における認定医取得基礎研修施設に指定されており、歯科医師免許を取得し臨床研修期間を終えたものに対して、3年間の矯正歯科専門歯科医師の養成のための卒後研修課程を設けております。加えて、さらに2年間の研修を修了したものは、認定医取得の受験資格を得ることができるシステムを構築しています。また、東京歯科大学大学院歯学研究科歯科矯正学専攻の博士課程の教育も行っております。

 

研究

研究内容イメージ

研究内容イメージ

日進月歩で進化を続ける矯正治療ですが、未解決な分野が多くあります。
調和の撮れた噛み合わせと顔貌を目指して多くの研究が行われています。
 ・顎顔面歯列に加わる外力と組織の応答に関する研究
 ・3次元コンピューターシミュレーションを用いた研究
 ・口腔機能に関連した顎運動、気道、習癖に関する研究
 ・加齢と歯列形態の関連に関する研究
 ・歯の移動時に組織応答に関連する分子生物学的研究
 ・先天性疾患ならびに顎変形症の歯科矯正治療に関連する研究 など

 

 

臨床

臨床イメージ

臨床イメージ

矯正歯科では日本矯正歯科学会の指導医、専門医、認定医が在籍し、矯正歯科のエキスパートとして日々診療にあたっております。さらに学生、研修医への臨床教育としても定評を得ており、年間およそ1000症例という豊富な症例数を持っております。
医局内では症例検討会を週1回行っており、医局員全体で治療中の症例を供覧し意見を交わし、知識と経験の共有を図ることで日々研鑽を積んでおります。また、これらの臨床経験から学会症例報告も積極的に行っております。
さらに臨床、基礎研究で得た知識、知見を臨床に還元すべく、日々進歩していく最新の矯正治療を取り入れています。また唇顎口蓋裂や顎変形症、症候群等の診療も数多く行っております。
私たちは患者様に優しい質の高い安全な医療を提供することに真摯に取り組んでおります。

 

スタッフ

スタッフ

スタッフ

主任教授 末石 研二
客員教授 茂木 悦子
講師 野嶋 邦彦
講師 宮崎 晴代
講師 坂本 輝雄
講師 片田 英憲
講師 西井 康
講師 石井 武展
助教 立木 千恵
助教 安村 敏彦
助教 有泉 大
助教 森川 泰紀
助教 内山 沙姫
助教 海老澤 朋宏