本文へ

東京歯科大学東京歯科大学短期大学

【全:大学日】ヘッドボタン

  • お問い合わせ
  • ENGLISH

H1

概要

概要


 
私立大学研究ブランディング事業

学長 井出吉信イメージ

学長    井出 吉信

東京歯科大学は、平成29年度「私立大学研究ブランディング事業」の支援対象校として選定されました。この事業は、学長のリーダーシップの下、全学的な独自色を大きく打ち出す研究に取り組む私立大学に対して、文部科学省が支援する制度です。

本学では最先端の教育と医療をもって社会に貢献できる確かな基盤の構築を目指して研究を推進してきました。顎骨に生じる疾患は基本的生活を支える口腔機能に種々な障害を生じ、日常生活への支障をきたす原因となります。そのため、本事業では顎骨疾患による口腔機能障害を回復し、健康長寿社会の実現に貢献できる世界初の顎骨疾患の集学的研究拠点を設立します。本研究ブランディング事業は、「顎骨疾患の集学的研究拠点形成:包括的な顎口腔機能回復によるサステナブルな健康長寿社会の実現」を事業テーマとし、全学横断的研究組織の構築を加速し、種々の顎骨疾患の発症メカニズムの解明、およびその予防・診断・治療法を開発し、次世代医療への貢献を目指します。

事業概要

顎骨疾患

顎骨疾患は、食べる、話す、笑うなどの基本的生活を支える口腔機能を障害します。本事業では世界初の顎骨疾患の集学的研究拠点を形成して、口腔機能回復によるサステナブルな健康長寿社会の実現に貢献します。本事業の推進により、最先端の教育と医療をもって社会に貢献できる確かな基盤を構築するという本学の「将来ビジョン」を具現化し、「ヒューマニズムとリサーチマインドを堅持する歯科医師を育成する大学」のブランド化を目指します。

お知らせ:表示

2018.02.28

平成29年度 東京歯科大学 私立大学研究ブランディン事業 キックオフシンポジウムを開催しました
東京歯科大学 私立大学研究ブランディング事業キックオフシンポジウムを下記のとおり開催しました。
大学院生130名、学内教職員69名、学外関係者15名の合計214名が参加しました。


日時:平成30年2月27日(火)15:10~17:20
場所:東京歯科大学 水道橋校舎新館 血脇記念ホール

【顎骨疾患の集学的研究拠点形成:包括的な顎口腔機能回復によるサステナブルな健康長寿社会の実現】

1)事業概略説明   口腔科学研究センター 山口 朗
2)分子・細胞ラボ  グループリーダー  東 俊文
           疾患iPS細胞を用いた顎骨疾患病態解明と再生医療への展開
3)感染制御ラボ   グループリーダー 石原 和幸
           マイクロバイオーム解析による歯周炎発症メカニズムの解析
4)ファブラボ    グループリーダー  後藤 多津子
           顎骨疾患の形態と機能のマルチスケール解析

【基調講演】      
  慶應義塾大学医学部  岡野栄之 教授
  「超高齢化社会への挑戦:幹細胞技術を用いた神経系の疾患・創薬研究」




連絡先

連絡先

〒101-0061
東京都千代田区神田三崎町2-9-18 東京歯科大学 水道橋校舎本館7階
口腔科学研究センター
TEL:03-6380-9114